All contents copyright (C)1999-2012 Household Industries / allrights reserved


フロントページに戻る
目次に戻る
項目別文献・論文一覧へ

        【 天下統一期年譜 1575年 】

天正 3(1575)年 

1月
  1月 1日 吉田兼見、三条西実枝・山科言継・柳原淳光・知慶院・島田秀満女房衆へ神供を送付。〔『兼見卿記』一〕
  1月 1日 多聞院英俊、大和国十市城の十市遠長(「十市」)へ贈物を送付。〔『多聞院日記』二〕
  1月 1日 毛利輝元・小早川隆景、三村政親の備中国吉城を攻略。
  1月 2日 小早川隆景、備中国成羽に進出。
  1月 5日 多聞院英俊、旧冬に「内裏ノ御殿」の上に「白犬」が上り、これを「物恠」として祈祷が行われたことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  1月 5日 多聞院英俊、去年12月24日に松永久秀(「松永久秀」)が「落髪」して「道意」としたことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  1月 6日 多聞院英俊、筒井順慶(「筒井」)への「年頭ノ音信」は停止というので興福寺「寺門衆」のものは返却されたことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  1月10日 織田信長(「信長」)、洛中洛外寺社・本所雑掌中へ「洛中洛外寺社本所領」について、雑掌が管理を請け負っているとか、
       「手続」の代官だと称して「押妨」し年貢・所当(雑税)を納入しない者がおり、「太以曲事之次第」であるから、今後は
       「補任」状で宛行われていても「改易」し「順路之輩」に申し付けて寺社・公家衆が退転しないように覚悟するよう通達。
       〔「立入宗継文書」‐13、「実相院文書」九〕
  1月11日 織田信長(「信長」)、美濃国の斎藤利尭(「斎藤玄蕃助」)へ美濃国福光郷の「一円」扶助と、牛洞野村内の「月成方」を
       安堵する旨を通達。
       また美濃国福光郷内に「段銭」50貫文の知行を「犬山之伊勢守息女」(尾張国平定の際に最後まで抗戦した伊勢守某の息女)
       へ支給する旨を命令。〔「南陽堂楠林氏文書」〕
  1月11日 柴田勝家、紀伊国高野山金剛峰寺へ大和国宇智郡に進出した紀伊国根来寺に撤収を説得しており、芳知平三郎左衛門尉も旧冬
       に織田信長(「信長」)へ礼問してきたことに触れ、金剛峰寺と根来寺が早々に「御無事」を実現することが重要であることを
       指示。また織田信長自身は近日中に上洛する旨を通知。〔「興山寺文書」〕
  1月11日 多聞院英俊、大和国十市城の十市遠長(「十市」)を礼問す。〔『多聞院日記』二〕
  1月11日 筒井順慶(「筒井」)、大和国春日大社に社参す。〔『多聞院日記』二〕
  1月11日 毛利輝元、但馬国の山名韶熙・山名氏政父子と和睦す。
  1月15日 多聞院英俊、夜に「承久」物語の双紙が和泉国堺の光明院に存在する夢を見る。〔『多聞院日記』二〕
  1月22日 「古市」某(大和国人)、筒井順慶(「郡山」)の属城である長井城を攻略。狭川衆6人が討ち死にした。
       〔『多聞院日記』二〕
  1月23日 多聞院英俊、筒井順慶の属城である長井城が「古市」某(大和国人)に攻略されたことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  1月24日 織田信長(「信長」)、尾張国の祖父江五郎右衛門尉らへ道根堤・横野堤の件で尾張国内の11郷が先例で修築してきたが、
       去年(天正2年)は普請が行われず未だに修築が完了しないことは「曲事」であるので、早急に修築命令を実行させ、11郷
       以外にも「水懸之在所」には相応の負担命令を通達すること、今後も江川堤などは毎年修理することを命令。
       〔「氷室和子氏所蔵文書」〕
  1月30日 織田信長、伊勢国豪族の大多和氏らへ柴田勝家(「柴田」)より伊勢国長島城の復旧普請のために石材を徴集した際に宿所
       借用を拒絶したとの報告を受けた旨に触れ、伊勢国長島城は織田氏にとって重要な拠点であり、柴田勝家(「柴田」)も拒絶
       されるような言い方をしてはならないことを指摘し、百姓らが宿を貸すことを「迷惑」がっているのであろうから、大多和氏を
       はじめ3名が各自説得して馳走するべきことを通達。さらに不承知ならば「成敗」することを通達。〔「妙光寺文書」〕

2月
  2月 8日 筒井順慶(「筒井順慶」)、美濃国岐阜より大和国に帰国。〔『多聞院日記』二〕
  2月11日 多聞院英俊、筒井順慶(「筒井順慶」)に織田信長(「信長」)の娘か妹かが「女中」として遣わされることを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  2月12日 筒井順慶(「筒井順慶」)、大和国興福寺の門より「裹頭」姿で能を見物す。〔『多聞院日記』二〕
  2月13日 明智光秀(「明智十兵衛尉光秀」)・村井貞勝(「村井民部少輔」)、山城国嵯峨清凉寺へ全3ヶ条の「禁制」を下す。
       〔「清凉寺文書」〕
  2月15日 織田信長(「信長」)、織田分国中在所へ幅3間の道路作事を命令。
       村井貞勝、吉田兼見へ吉田郷など10郷に山中路次600間を賦課する旨を通達。
       吉田兼見、作事免除を申請するも許可されず。〔『兼見卿記』一〕
  2月15日 徳川家康、遠江国浜松での放鷹の際に井伊直政を召し抱える。〔『寛政重修ゥ家譜』、『井伊家伝記』〕
  2月16日 吉田兼見、吉田兼有を派遣し路次普請を開始、後に自身も現場を見回る。〔『兼見卿記』一〕
  2月17日 吉田兼見、路次普請に赴く。〔『兼見卿記』一〕
  2月18日 吉田兼見、雨のため路次普請を延期。〔『兼見卿記』一〕
  2月19日 村井貞勝、吉田兼見へ織田信長(「信長」)が来26日に上洛する旨を通達、それ以前に路次普請を完成するよう厳命。
       〔『兼見卿記』一〕
  2月20日 織田信長(「信長」)、初めて通信した安東愛季(「下国殿」)へ「鷹師」2名を派遣するので往還の諸役所・路次番を異儀
       無く通行させ、餌の調達も準備し、「珍鷹」などが入手できるよう馳走を依頼。また、京都(「上口」)で相応の用件があれば
       承ることを通知。
       詳細は陸奥国八戸の南部季賢(「南部宮内少輔」)より伝達させる。〔「秋田藩採集文書」廿二、「秋田湊文書」〕
  2月20日 吉田兼見、路次普請を再開。〔『兼見卿記』一〕
  2月21日 吉田兼見、路次普請に赴く。〔『兼見卿記』一〕
  2月22日 吉田兼見、雨のため路次普請を延期。〔『兼見卿記』一〕
  2月23日 吉田兼見、路次普請を再開。〔『兼見卿記』一〕
  2月24日 吉田兼見、路次普請に赴く。〔『兼見卿記』一〕
  2月24日 多聞院英俊、今度の筒井順慶(「筒井」)と織田信長の娘か妹(養女?)との祝言に際し被官衆に銀が賦課されたことを
       知る。〔『多聞院日記』二〕
  2月25日 吉田兼見、担当分の路次普請を完成させ、更に未完成であった白川衆に合力し50間分をも完成させる。
       吉田兼見、村井貞勝(「村民」)へ普請完了の旨を報告。〔『兼見卿記』一〕
  2月26日 吉田兼見、白川衆と山中衆の架橋をめぐる紛議を調停。〔『兼見卿記』一〕
  2月26日 河尻秀隆(「河尻与兵衛尉秀隆」)、小笠原貞慶(「小笠原右近大夫」:信濃国守護)へ初めて通信し、今度「信長直札」を
       以て交誼を願うことを通知。また、この秋に織田信長は信濃国へ出勢する予定であるので、その際に信濃国守護職に「還補」
       することを勿論であること、特別に小笠原貞慶(「貴殿」)の「才覚」を発揮する好機であること、信濃国・美濃国境目の
       「有事」が発生した際には相応の尽力をすることを通知。詳細は小牧但馬守に伝達させる。〔「書簡并証文集」〕
  2月26日 筒井順慶(「筒井」)と織田信長(「信長」)の娘か妹(または養女か)との祝言のため「ムカヰ衆」「与力」が悉く上京。
       しかし大雨のために延引となった。〔『多聞院日記』二〕
  2月27日 織田信長、上洛のために美濃国垂井まで移動。〔『信長公記』巻八〕
  2月27日 吉田兼見、吉田郷内の新道へ松を植樹。〔『兼見卿記』一〕
  2月27日 村井貞勝(「村民」)、吉田郷の新道の様子を見廻り吉田兼見邸を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  2月27日 筒井順慶(「筒井順慶」)と織田信長(「信長」)の娘か妹(または養女か)との祝言が行われる。
       塙直政(「塙九郎左衛門尉」)が織田信長の娘か妹(または養女か)を送り届けた。手掻祇園社の前に於いて祝言が行われ、
       「筒井ゥ与力」が迎え「美々敷」様子であった。「都鄙之見物衆」で混雑した。〔『多聞院日記』二〕
  2月28日 織田信長、雨のため美濃国垂井に滞留。〔『信長公記』巻八〕
  2月28日 徳川家康、奥平信昌に三河国長篠城の守備を命令。
  2月29日 織田信長、丹羽長秀(「丹羽五郎左衛門」)の守備する近江国佐和山城に入る。〔『信長公記』巻八〕

3月
  3月 2日 織田信長、近江国永原に宿泊す。〔『信長公記』巻八〕
  3月 2日 織田信長、京都相国寺に寄宿す。〔『信長公記』巻八〕
  3月 3日 織田信長(「信長」)、新道を経て上洛。吉田兼見、満千代を同行し山中辺で織田信長を迎礼す。
       織田信長、馬上より満千代へ餅を下賜。織田信長、相国寺慈照院を宿所とする。〔『兼見卿記』一〕
  3月 3日 織田信長(「信長」)、「在京」す。〔『多聞院日記』二〕
  3月 3日 筒井順慶(「筒井」)、織田信長への礼問のために上京す。〔『多聞院日記』二〕
  3月 4日 羽柴秀吉(「秀吉」)・武井夕庵(「尓云」)、吉川元春(「吉川駿河守」)へ旧冬に出征先の因幡国陣所より心蓮坊を派遣
       してきたことに応え、山中幸盛(「山鹿」)の件は許容しないということであるが頃合いになれば心蓮坊へ通達すること、
       因幡国方面のことは吉川元春に任せるので「開陣」を希望する旨を通知。また聖護院道澄(「聖門樣」)より詳細は通達する
       ことを通知。〔「吉川家文書」二〕
  3月 4日 吉田兼見、織田信長(「信長」)を礼問。「公家衆」も多数列参す。
       公家衆、村井貞勝(「村民」)よりこの日の織田信長への謁見は無き旨を通達され帰路につくが、謁見が可能になった旨が帰途
       において再通知されたので引き返し織田信長宿所に出仕する。〔『兼見卿記』一〕
  3月 6日 吉田兼見、猪子高就(「猪子兵介」)・武井夕庵(「夕庵」)・松井友閑(「友閑」)らを訪問。〔『兼見卿記』一〕
  3月 6日 大友義鎮(「宗麟」)、五条某へ安芸毛利氏との対峙にあたり浦上宗景・村上元吉と加勢するため田原親賢を赤間関に出陣
       させたので合流するよう指示。〔「筑後五条頼長所蔵文書」〕
  3月 7日 吉田兼見、塙直政(「塙九郎左衛門」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  3月 7日 多聞院英俊、去3月3日に織田信長(「信長」)が「在京」したこと、筒井順慶(「筒井」)が礼問のために上京し、この日
       に帰国したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  3月11日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)が摂津国「千町カナハラ」を攻略したことを知る。
       多聞院英俊は摂津国・河内国2国の「田地過分損亡」かと推測。〔『多聞院日記』二〕
  3月13日 徳川家康(「家康」)、織田信長(「岐阜殿」)へ武田勝頼との交戦を前に兵粮を過分に搬送されたことは「外聞実儀」・
       「敵国覚」は「恐悦不及是非」であること、特に諸城見舞として佐久間信盛(「佐久間」)の派遣を「過当至極」であることを
       謝し、三河国長篠城方面の状況については佐久間信盛(「右衛門」)より上申してもらうこと、徳川側より使者を派遣して
       織田信長「御意」を承ることを通知。〔「大阪城天守閣所蔵文書」六〕
  3月14日 織田信長、徳政令を発して門跡・公家衆の借銭・借米を帳消しにする。
  3月16日 織田信長、今川氏真(「今川氏実」)の「出仕」を受ける。〔『信長公記』巻八〕
  3月17日 吉田兼見、織田信長(「信長」)を礼問し新作の碁盤に菓子を添えて献上。〔『兼見卿記』一〕
  3月17日 大和国興福寺(「寺門」)より織田信長(「信長」)へ礼問のため「寺官」三学院が明日上洛することが決定。
       〔『多聞院日記』二〕
  3月19日 島田秀満(「島田」)、神龍院梵舜の許へ馬を送る。〔『兼見卿記』一〕
  3月19日 筒井順慶(「筒井」)、もとは阿部山のものであった大和国多聞山城の鐘を「アヘノ寺」に返還す。〔『多聞院日記』二〕
  3月20日 織田信長、京都相国寺に於いて今川氏真(「今川氏実」)と公家衆との蹴鞠を見物す。〔『信長公記』巻八〕
  3月20日 大和国春日大社の社頭に於いて織田信長への礼問のために上洛した三学院のために祈祷が行われる。〔『多聞院日記』二〕
  3月21日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)の命令で「神鹿」2頭が京都へ上納されたことを知る。
       多聞院英俊はこの出来事を「前代未聞」・「寺社零落大物恠ノ事」であると評す。〔『多聞院日記』二〕
  3月22日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へこの秋に「大坂合戦」(石山本願寺との戦闘開始)の予定を通達。
       また、丹波国舟井郡・桑田郡の「諸侍」を与力とする命令を下す。〔「細川家文書」二〕
  3月22日 吉田兼見、磯野員昌(「磯野丹波守」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  3月23日 塙直政(「塙九郎左衛門尉」)、織田信長より大和国の守護に任命される。〔『多聞院日記』二〕
  3月23日 三学院(興福寺寺官)、織田信長への礼問を終え京都より大和国奈良へ帰還。〔『多聞院日記』二〕
  3月24日 多聞院英俊、一昨日3月22日より薬屋甚介の立願として「連歌千句興行」が行われ、この日に結願することを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  3月24日 多聞院英俊、三学院(興福寺寺官)が織田信長への礼問を終え京都より大和国奈良へ帰還したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  3月25日 吉田兼見、織田信長(「信長」)へ祗候。〔『兼見卿記』一〕
  3月25日 多聞院英俊、織田信長が塙直政(「塙九郎左衛門尉」)を大和国守護(「当国ノ守護」)に定めたことを知る。
       多聞院英俊はこれを「先代未聞」とし大和国一国、そして寺社は「滅亡」すると懸念し「神慮」次第であると認識。
       〔『多聞院日記』二〕
  3月26日 「大乗院新御所」、織田信長(「信長」)へ礼問するために上洛す。〔『多聞院日記』二〕
  3月28日 織田信長(「信長」)、二条晴良(「二条殿」)との間に祝言を執り行う。〔『多聞院日記』二〕
  3月28日 織田信忠(「平信忠」)、「出羽介」に就任。〔『公卿補任』〕
  3月28日 近衛前久、喜入季久(「喜入摂津守」)へ近衛前久自筆の「詠歌大概序」を贈与。詳細は伊勢貞知に伝達させる。
       〔「旧記雑録後編」@‐796〕
  3月28日 山岡景隆(「山岡美作守」)、吉田兼見を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  3月29日 吉田兼見、佐久間信盛(「佐久間右衛門尉」)を訪問、門外において対面。〔『兼見卿記』一〕
  3月 下旬 織田信忠(「織田菅九郎」)、尾州衆を率いて三河国足助に侵攻してきた武田勝頼(「武田四郎」)を迎撃するため出陣。
       〔『信長公記』巻八〕

4月
  4月 1日 織田信長、「主上・公家・武家ともに御再興」を公表。〔『信長公記』巻八〕
  4月 1日 島田秀満(「島田」)、神龍院梵舜の許へ馬を送る。〔『兼見卿記』一〕
  4月 2日 多聞院英俊、塙直政(「塙九郎左衛門尉」)が大和国へ入国したことで「当国守護」となったことが確定したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  4月 3日 吉田兼見をはじめ「公家衆」、織田信長(「信長」)へ祗候。〔『兼見卿記』一〕
  4月 4日 明智光秀(「明智十兵衛尉」)、2000余の軍勢を率い河内国(「南方」)へ出陣。〔『兼見卿記』一〕
  4月 5日 織田信長(「信長」)、小早川隆景(「小早川左衛門佐」)へ播磨国三木城の別所長治(「播州別所」)の件を承ったこと、
       別所長治は「連々対信長」して疎意無いというので「大切」に扱うことを通知し、また安芸国毛利氏へも毛利元就(「元就」)
       以来と同様の交誼を願う。〔「小早川家文書」一〕
  4月 5日 吉田兼見、細川昭元(「細川右京兆」)へ出陣護符を送付。〔『兼見卿記』一〕
  4月 6日 久我通堅(前権大納言)、和泉国堺に於いて没す。
  4月 6日 織田信長(「信長」)、京都より直接河内国(「南方」)へ出陣。この日は八幡に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  4月 6日 織田信長(「信長」)、10000余の軍勢を率い河内国(「南方」)へ出陣。〔『兼見卿記』一〕
  4月 6日 織田信長、1万余の「手人数」を率いて大坂に向けて出陣。〔『宣教卿記』〕
  4月 6日 織田信長(「信長」)、河内国へ出陣。〔『多聞院日記』二〕
  4月 6日 吉田兼見、室町通五条へ赴き蛸薬師の辺りで織田信長(「信長」)に礼問す。
       吉田兼見、村井貞勝(「村民」)を訪問し織田信長の今日の出陣を驚いた旨を告げる。〔『兼見卿記』一〕
  4月 7日 織田信長、河内国若江に到着、布陣。〔『信長公記』巻八〕
  4月 7日 本願寺顕如、北陸道門徒中へ織田信長(「信長」)の「破却宗旨之企」により石山に「籠城」したので兵粮米の遅滞無き搬送
       を命令し、「仏法擁護再興」の機会であることを通達。〔「浄光寺文書」〕
  4月 7日 羽柴秀吉(「羽柴藤吉郎秀吉」)・武井夕庵(「夕庵尓云」)、織田信長(「信長」)へ音信および使僧を派遣した
       小早川隆景(「小早川左衛門佐」)へ織田信長「御返事」を送付する。織田・毛利間の「御用」は相互に「墨付」を以ての厚誼
       を願う。毛利側より質問された播磨国英賀方面の件は羽柴秀吉より後便にて織田信長(「信長」)の「存分」を通知する旨を
       報告。〔「小早川家文書」一〕
  4月 7日 十市遠長(「十遠」)、織田信長と共に河内国へ出陣す。〔『多聞院日記』二〕
  4月 7日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)自身が河内国へ出陣したことを知る。また十市遠長(「十遠」)自身も出陣したことを
       知る。〔『多聞院日記』二〕
  4月 7日 吉田兼見、村井貞勝(「村民」)、次いで武井夕庵(「夕庵」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  4月 8日 織田信長、河内国高屋城の三好康長(「三好笑岩」)への攻撃を開始。織田信長自身は駒ヶ谷山より戦況を見物す。
       〔『信長公記』巻八〕
  4月 8日 織田信長(「信長」)、駒ヶ谷山に布陣。織田軍は誉田八幡道明寺周辺に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  4月 8日 織田信長(「信長」)、佐久間信盛(「佐久間右衛門」)・柴田勝家(「柴田修理亮」)・丹羽長秀(「丹羽五郎左衛門」)
       塙直政(「塙九郎左衛門」)らに放火・苅田を実行させる。〔『信長公記』巻八〕
  4月 8日 伊藤二介(伊藤与三右衛門弟)、河内国高屋城攻撃の際に討死。〔『信長公記』巻八〕
  4月 8日 徳大寺公維、吉田兼見を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  4月 8日 京極治部大輔・舟橋国賢、吉田兼見を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  4月10日 多聞院英俊、去3月28日に二条晴良(「二条殿」)と織田信長(「信長」)との間に祝言が執り行われたことを知る。
       また「京都公家領ハ百年以来地発」であり「善政」であるということも知る。〔『多聞院日記』二〕
  4月11日 島田秀満(「島田」)、西国下向のため吉田兼見へ暇乞をしに到来。〔『兼見卿記』一〕
  4月11日 吉田兼見、村井新右衛門尉・村井光清を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  4月12日 織田信長、摂津国住吉に陣替。〔『信長公記』巻八〕
  4月13日 織田信長、摂津国天王寺に移陣。織田軍は天王寺・住吉・遠里小野周辺に布陣する。〔『信長公記』巻八〕
  4月14日 織田軍、石山本願寺(「大坂」)を攻撃。「作毛悉く薙捨て」た。〔『信長公記』巻八〕
  4月14日 織田信長(「信長」)、陣中見舞を送付してきた青蓮院尊朝法親王(「青蓮院殿」)へ大坂陣中より礼状を発す。
       また近日中に「開陣」し青蓮院尊朝法親王の「賢慮」を欲す旨を通知。詳細は明智光秀(「明智十兵衛尉」)に伝達させる。
       〔「大賀文書」〕
  4月14日 織田信長(「信長」)、越前国の桜井平右衛門へ朝倉信鏡(「信鏡」:もと朝倉景鏡)からの「注進飛脚」である
       桜井平四郎(桜井平右衛門子息)が往還したところ、途中の石徹白に於いて杉本勘解由父子・「善実」が相談し「生害」させた
       ことについて慰問し、越前国平定の上は杉本勘解由らの「徒党」を「成敗」する旨を通達。またいよいよ朝倉信鏡(「信鏡」)
       への忠節を促す。〔「石徹白神社文書」〕
  4月16日 織田信長(「信長」)、遠里小野へ布陣。織田信長(「信長」)自身が苅田を行い、さらに十河因幡守・香西越後の籠もる
       和泉国新堀城に迫る。〔『信長公記』巻八〕
  4月17日 織田信長、和泉国新堀城を攻囲。〔『信長公記』巻八〕
  4月18日 織田信長(「信長」)、山城国仁和寺成多喜御房へ任助法親王からの大坂陣所への見舞を謝し、近日「開陣」予定であること
       を通知。〔「仁和寺文書」五〕
  4月19日 織田軍、和泉国新堀城を総攻撃し陥落させる。香西越後は捕虜として織田信長のもとへ引き立てられ、誅殺された。
       〔『信長公記』巻八〕
  4月19日 三好康長(「三好笑岩」)、松井友閑(「友閑」)を介して降伏を赦免される。〔『信長公記』巻八〕
    この頃 織田信長、塙直政(「塙九郎左衛門」)に河内国内の城塞を悉く破却させる。〔『信長公記』巻八〕
  4月20日 織田信長および織田軍(「信長諸勢」)、夕刻に河内国より帰京。〔『多聞院日記』二〕
  4月21日 織田信長、「南方」(河内国)より帰陣し入京す。吉田兼見、室町通で織田信長を出迎える。〔『兼見卿記』一〕
  4月21日 織田信長、京都に到着し納馬、「天下諸色仰付」けた。〔『信長公記』巻八〕
  4月21日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)が昨夕に河内国より帰京したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  4月21日 六角義尭(「義尭」)、大和国本善寺へ石山本願寺(「大坂表」)に織田信長(「織田」)が軍事行動を起こしたこと、
       大和国方面の情勢を知るために使者の本須を派遣したこと、武田軍(「東国之人数」)が三河国に侵入してきている旨は追々
       注進することを通知。〔「本善寺文書」〕
  4月22日 吉田兼見、織田信長(「信長」)へ祗候、対面す。〔『兼見卿記』一〕
  4月23日 吉田兼見、施薬院全宗(「徳雲軒」)邸を宿所としていた羽柴秀吉(「羽柴藤吉郎」)を訪問。饅頭50個を贈る。
       〔『兼見卿記』一〕
  4月24日 筒井順慶(「筒順慶」)、上洛す。〔『多聞院日記』二〕
  4月24日 多聞院英俊、筒井順慶(「筒順慶」)がこの日上洛したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  4月27日 織田信長、京都を発し近江国常楽寺を近江国佐和山城に入る。〔『信長公記』巻八〕
  4月27日 織田信長、大和国十市郷を3分割し塙直政(「塙九郎左衛門尉」)・松永久通(「松永」)・十市遠長と十市後室が支配する
       ことを命令した「朱印」を発給。〔『多聞院日記』二〕
  4月28日 吉田兼見、満千代を同行し神楽岡辺で美濃国岐阜へ下向する織田信長(「信長」)を見送る。〔『兼見卿記』一〕
  4月28日 織田信長、この日の辰刻に美濃国岐阜城へ帰城。〔『信長公記』巻八〕
  4月28日 多聞院英俊、京都より下向した日蓮宗(「蓮宗」)の僧侶より塙直政(「ハン九」)が大和国「守護」に任命されたことを
       確認する。〔『多聞院日記』二〕
  4月29日 吉田兼見、村井貞勝(「村民」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
  4月29日 大和国興福寺、大和国信貴山城より織田信長朱印状写を受ける。〔『多聞院日記』二〕

5月
  5月 2日 織田信長(「信長」)、織田長益(織田信長弟)へ美濃国岐阜城への帰城祝儀として両種・一荷を贈られたのを謝し、参上の
       際に戦況を談ずことを通知。〔「関戸守彦氏所蔵文書」〕
  5月 3日 織田信長(「信長」)、美濃国安養寺へ地子免除を安堵。〔「安養寺文書」‐7〕
  5月 3日 菅屋長頼(「菅屋九右衛門尉長頼」)、美濃国安養寺へ今度の忠節で織田信長の「御感悦」大形ならずというので還住を
       織田信長「御朱印」によって赦免。その上で境内と寺領に相違のないことは織田信長「御諚」である旨を通達。
       〔「安養寺文書」‐8〕
  5月 3日 多聞院英俊、去4月27日付の織田信長「朱印」状により大和国十市郷を3分割し塙直政(「塙九郎左衛門尉」)・
       松永久通(「松永」)・十市遠長および十市「後室」が支配することになったことを知る。
       この日塙喜右衛門(「塙喜衛門」)が大和国へ下向し、明日十市郷へ出向くことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  5月 4日 六角義賢(「承禎」)、穴山信君(「武田玄蕃頭」)へ武田勝頼の三河国方面への出馬により徳川氏属城を攻略していること
       を賞し、六角賢永(「中務大輔」:義賢二男)を武田軍に従軍させたがその待遇を謝す。また「南方」(大坂方面)の戦況に
       ついては深い事情があるので書簡では通知しないことに触れる。
       詳細は六角高盛(「高盛」)・落合八郎左衛門尉に伝達させる。〔「本堂平四郎氏所蔵文書」〕
  5月12日 多聞院英俊、柴田勝家(「柴田」)より十市遠長(「十市」)へ使者が派遣されたことを知る。長柄城を返還することが通達
       されたという。〔『多聞院日記』二〕
  5月12日 多聞院英俊、最近甲斐国の武田勝頼が出撃し、武田軍先発隊が尾張国熱田まで進撃したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  5月13日 織田信長、美濃国岐阜より三河国へ向けて出陣。〔「細川家文書」二〕
  5月13日 織田信長(「信長」)、武田勝頼(「武田四郎」)の遠江国進出により出陣。〔『兼見卿記』一〕
  5月13日 織田信長(「信長」)・織田信忠(「菅九郎」)、三河国長篠城の後詰として出陣。
       この日は尾張国熱田に布陣し、熱田社荒廃に対して御大工岡部又右衛門に造営の件を命令する。〔『信長公記』巻八〕
  5月13日 堀秀政(「堀久太郎秀政」)、山城国の武田佐吉・林高兵衛尉・長坂助一へ狛秀綱(「狛左馬進」)の知行の内泉橋寺分を
       「御押」しているとのことであるが、狛秀綱(「左馬進」)の「高頭之内」であるので問題があれば手順を踏んで処理する旨を
       通達。〔「狛文書」〕
  5月13日 足利義昭、足利家(「当家」)への馳走を約諾した毛利輝元(「毛利右馬頭」)へ誓約を下す。
       〔「毛利家文書」@‐334〕
  5月14日 織田信長・織田信忠、三河国岡崎城に到着。〔『信長公記』巻八〕
  5月14日 織田信長、三河国岡崎城に到着。〔「細川家文書」二〕
  5月15日 織田信長・織田信忠、三河国岡崎城に逗留。〔『信長公記』巻八〕
  5月15日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ「鉄炮放」および「玉薬」の調達報告を受け「弥家中被相改可然」
       きこと、三河国「長篠」城の守備は堅固であるので後詰を油断無くすること、兼日の通達どおりに5月13日に織田信長は出馬
       して、5月14日に三河国岡崎に着陣したこと、明日5月16日には「敵陣取近所」(武田軍陣所)に攻撃を仕掛けるので軍備
       を調えること、「敗軍」無きに於いては天の与えるところであるので「根切」にすべきであることを通達。更に「南方辺」の件
       は油断無く備えることを通達。〔「細川家文書」二〕
  5月16日 織田信長・織田信忠、三河国牛窪城に入り、城の警固役として丸毛兵庫頭・福田三河守を配備。〔『信長公記』巻八〕
  5月16日 鳥居勝商、篠場野において磔殺される。〔『日本史人物生没年表』〕
  5月17日 織田信長、三河国牛久保より出撃。〔「細川家文書」二〕
  5月17日 織田信長・織田信忠、三河国野田原に野陣を設営。〔『信長公記』巻八〕
  5月17日 筒井順慶(「筒井」)、織田信長の命令により美濃国岐阜へ鉄炮部隊(「テツハウ衆」)50名を派遣。
       派遣されることになった「テツハウ衆」は迷惑であるとして妻子に形見を残したことを知り、多聞院英俊は「アワレナル事」、
       「遠国陣立浅猿」と評す。〔『多聞院日記』二〕
  5月18日 織田信長、「志多羅」郷極楽寺山に布陣し、武田軍(「敵かた」)に姿が見えないように各部隊を配備させる。
       〔『信長公記』巻八〕
  5月18日 織田信長、三河国長篠より3里余りの地点に於いて武田軍と遭遇。「鉄炮放」で撃退する。〔「細川家文書」二〕
  5月18日 織田信忠、「志多羅」郷新御堂山に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  5月20日 織田信長、この戌刻に軍勢を「のりもと川」を渡河し武田勝頼(「武田四郎」)の布陣する鳶巣山へ向かわせる。
       〔『信長公記』巻八〕
  5月20日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ「鉄炮」調達を賞し、三河国長篠方面の戦況を通達。
       去る5月17日に三河国牛久保より進撃し、三河国長篠との距離3里余りの所に武田軍(「敵」)の陣所が設営されていると
       いうので5月18日に攻撃を仕掛けて「鉄炮放」したこと、また武田軍を「根切」にする予定であることを通達。
       〔「細川家文書」二〕
  5月20日 龍造寺政家(「龍造寺民部大輔政家」)、毛利輝元(「輝元公」)へ足利義昭が自身の「御入洛」のため足利義昭「御内書」
       を下したことに対して「御請文」を捧げる旨を通知。〔「毛利家文書」@‐330〕
  5月21日 織田信長、この辰刻に数百挺の「鉄炮」を発砲し三河国長篠城を救援。武田軍は敗北し鳳来山へ逃走。〔『信長公記』巻八〕
  5月21日 織田信長、高松山の徳川家康(「家康」)陣所を訪れ、武田軍の動向を把握。1000挺ばかりの「鉄炮」部隊を佐々成政・
       前田利家・野々村正成・福富秀勝・塙直政に引率させて武田軍へ攻撃を加えさせた。〔『信長公記』巻八〕
  5月21日 織田・徳川連合軍へ武田軍の山県昌景(「山県三郎兵衛」)・武田信繁(「正用軒」)・「赤武者」小幡一党・「黒武者」の
       武田信豊(「典厩」)一党・馬場信春(「馬場美濃守」)が部隊毎に攻撃を仕掛けるも「鉄炮」と「足軽」によって大損害を
       被る。〔『信長公記』巻八〕
  5月21日 三河国に於いて織田・徳川連合軍と武田軍が交戦。〔『多聞院日記』二〕
  5月21日 武田軍(家臣団・「宗徒の侍」・「雑兵」)ら大損害を被り、武田勝頼(「武田四郎」)らは鳳来寺山へ向けて敗走。
       〔『信長公記』巻八〕
  5月21日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へこの日の早天より武田軍と交戦、残さず敵兵を討ち捕らえ、捕虜も
       多数になったこと、「仮名改首注文」も送付すること、かねてより通知していたように作戦については「始末無相違」く、
       「天下安全之基」が確固たるものとなったことを通知。
       また戦前に「鉄炮放」を調達したことを賞し、任務終了したので帰還させることを通知。〔「細川家文書」二〕
  5月21日 吉田兼見、織田信長(「信長」)が三河国設楽郡において武田勝頼(「武田四郎」「武四」)を撃破した旨を知る。
       〔『兼見卿記』一〕
    5月21日  羽柴秀吉、丹羽長秀・滝川一益と共に連合軍中央部の有海原に陣して武功をあげる。〔「信長公記」〕
  5月21日 松平伊忠、長篠の戦で戦死。〔『日本史人物生没年表』〕
  5月24日 吉田兼見、近江国坂本の明智光秀(「明十」)を訪問し三河国における織田軍の大勝利を祝す。
       明智光秀(「明智」)、自身宛の織田信長(「信長」)書状を吉田兼見へ披見。〔『兼見卿記』一〕
  5月24日 多聞院英俊、去5月21日に三河国に於いて「一戦」があり、武田軍(「甲斐衆」)が悉く討ち果たされたことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  5月25日 織田信長、美濃国岐阜城に凱旋。〔『信長公記』巻八〕
  5月25日 小早川隆景、備中国松山城を攻略し三村元親を自殺させる。
  5月26日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ去る5月21日の「合戦」の戦果について通知。
       その内容は武田軍を即時切り崩して数万人を討ち捕らえたが、武田勝頼(「四郎」)の首は未見であり、殆どを切り捨てたので
       河に漂っている武者の死体に紛れているかもしれないこと、武田軍の甲斐国・信濃国・駿河国・三河国の軍兵で生き残った者は
       さほどいないという見通し、織田信長はこの勝利で「近年之散鬱憤」したことを通知。また「京都」・近江国・越前国の件で
       忙殺されていた際に武田信玄(「信玄入道」)が「構表裏」て「旧恩」を忘れ敵対行動に出たこと、武田勝頼(「四郎」)も
       また同様の行動に出たことは是非無きことで大勝利は織田信長の予想通りであったこと、敵対勢力は「小坂」(石山本願寺)
       1ヶ所のみで取るに足らないという予測を通知。〔「細川家文書」二〕
  5月27日 多聞院英俊、去5月21日の「三川合戦」(長篠の戦)の情報を確認。武田軍(「甲斐国衆」)が1000人余も討死した
       こと、織田信長(「信長」)は美濃国岐阜へ帰還したこと、筒井軍(「筒井衆」)は全員帰国したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  5月28日 吉川元春、但馬国の山名韶熈・山名氏政父子と誓書を交換。

6月
  6月 1日 織田信忠(「平信忠」)、正五位下に昇進。〔『公卿補任』〕
  6月 4日 吉田兼見、村井貞勝(「村民」)が美濃国岐阜より上洛したというので訪問。〔『兼見卿記』一〕
  6月 6日 織田信長(「信長」)、越前国大野郡池田荘のゥ給人中・日蓮宗門徒中・「三門徒中」(誠照寺・証誠寺・専照寺)へ越前国
       「出馬」を前にして織田側に恭順すれば、たとえ「一揆」に参加していても罪を赦免し、本知行・新知行を宛行う旨を通達。
       〔「誠照寺文書」〕
  6月 7日 織田信長、筒井順慶(「筒井順慶御房」)へ錫製の瓶子・堤の贈呈を謝し、筒井順慶(「貴慮」)とは連年の疎意無き関係で
       あり今後も相談していくこと、近日近江国佐和山城に移ってから音問を発すことを通知。〔「黄薇古簡集」十五〕
  6月 7日 織田信長、丹波国の川勝継氏(「川勝大膳亮」)へ「京都錯乱」(永禄12年1月の本圀寺襲撃事件)の際に三好三人衆に
       加担し織田信長に未だ「逆心」している内藤氏(丹波国守護代)・宇津頼重(丹波国宇頭郡土豪)の件で、織田信長に「出仕」
       しなければ「誅罸」を加えるために明智光秀(「明智十兵衛」)を派遣するので馳走するよう命令。
       〔「記録御用所本古文書」二〕
  6月 9日 織田信長(「信長」)、山城国賀茂神社の祠官民部丞・紀伊守両名へ三河国長篠に於いて「敵」(武田軍)を悉く撃破し、
       これで「弥天下可為静謐」き状態になったこと、また音信として巻数・太刀・馬代を贈呈されたことを謝し、近日の上洛予定を
       通知。〔「賀茂別雷神社文書」三〕
  6月11日 織田信長(「信長」)、兼松正吉(「兼松又四郎」)へ美濃国長森の長谷河甚兵衛分の200貫文を扶持する旨を通達。
       〔「兼松文書」〕
  6月13日 織田信長、上杉謙信(「不識庵」)へ武田勝頼(「武田四郎」)が三河国・信濃国境目に進出してきたので即時「出馬」し、
       去る5月21日に一戦に及び撃破、「平均」に属したのでその旨を通知するため三河国長篠陣中より使者を派遣したこと、
       織田信長(「信長」)が「畿内」・「北国」・「南方」(大坂方面)の件で忙殺されていた時に武田信玄(「武田信玄」)が
       遠江国・三河国境目へ進出してきたので織田側は応戦の準備をするも「信玄断絶」後に武田勝頼(「四郎」)が「出張」し、
       これは「誠天与之儀」であるので武田軍を悉く撃破し、武田勝頼(「四郎」)は「赤裸之体」で「一身逃入」ったという風聞、
       織田信長にとって武田軍撃破は「数年之鬱憤」を晴らしたことであることを通知。
       また信濃国・美濃国境目で武田勝頼(「甲州」)の要害美濃国岩村城を攻囲し城中より種々の懇望が申し入れられたので、攻め
       殺す覚悟であったが赦免すること、間も無く「落居」するので織田信長自身は信濃国方面に出勢する予定であるので上杉謙信の
       信濃国・甲斐国方面への軍事行動の好機であること、徳川家康(「家康」)は駿河国に進出して伊豆国との境目まで放火し、
       今川氏真(「今川氏真」)の身柄を確保していること、「兵粮」の調達が不十分であるためにひとまず「納馬」して来たる秋に
       軍事行動を起こす予定を通知。〔「上杉家編年文書」〕
  6月14日 織田信長、越前国誠照寺・山本寺・中野寺へ「大坂」(石山本願寺)とは別派であることを諒承し、織田側に忠節を尽くす
       のは神妙であることを賞し、寺舎以下を従来のように建立して忠義を尽くすことを命令。〔『真宗誠照寺派本山誠照寺史要』〕
  6月17日 織田信長、丹波国の小畠左馬助へ「京都錯乱」(永禄12年1月の本圀寺襲撃事件)の際に三好三人衆に加担し織田信長に
       未だ「逆心」している内藤氏(丹波国守護代)・宇津頼重(丹波国宇頭郡土豪)の件で、織田信長に「出頭」しなければ
       「誅伐」を加えるために明智光秀(「明智十兵衛尉」)を派遣したので、丹波国船井郡内の土豪たちが疎略無きように奔走
       すれば身上の件は安堵するが、内藤氏・宇津頼重に「一味之族」があれば「成敗」するので忠節を督促する。〔「小畠文書」〕
  6月19日 明智光秀(「明智光秀」)、丹波国の小畠左馬進(小畠左馬助と同人か)へ織田信長「御朱印」により知行安堵がなされた
       こと、忠節次第では新地加増の件も調えることを通達。〔「小畠文書」〕
  6月19日 羽柴秀吉(「羽柴藤吉郎秀吉」)、近江国堅田の猪飼甚介へ織田信長(「此御方」)に奥州より某(佐竹義重使者か)が上洛
       し、近江国竹生島に参詣することになったので船の調達を命令。
  6月20日 塙直政(「塙九」)、大和国多聞山城に入城。〔『多聞院日記』二〕
  6月22日 徳川家康、知恩院へ武田勝頼(「武田四郎」)の三河表侵入に際し織田信長(「信長」)が出馬され撃破した旨を通知。
       〔「知恩院文書」〕
  6月23日 織田信長、「御茶セン」(二男:信雄)を伊勢北畠氏(「伊勢国司家」)の跡目継承のため伊勢国に入国させる。
       〔『多聞院日記』二〕
  6月24日 多聞院英俊、塙直政(「塙九」)が去6月20日より大和国多聞山城に入り普請を行っていることを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  6月24日 多聞院英俊、織田信長が「御茶セン」(二男:信雄)を伊勢北畠氏(「伊勢国司家」)の跡目継承のため伊勢国に入国させた
       ことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  6月25日 塙直政(「塙九」)、京都へ帰還。〔『多聞院日記』二〕
  6月26日 織田信長、近江国佐和山城に於いて休息をとり、「早舟」にて近江国坂本より渡海。小姓衆5、6名を随行させていた。
       〔『信長公記』巻八〕
  6月27日 織田信長、上洛し相国寺に寄宿する。〔『信長公記』巻八〕
  6月28日 近衛前久(前関白)、丹波国より帰京。
  6月 晦日 大和国高山に「雷神」が落ちる。〔『多聞院日記』二〕
  6月  日 織田信長(「信長」)、越前国の建部周光へ一向一揆蜂起に抵抗して織田信長に忠義を尽くしたので所領を安堵。
       詳細は武藤舜秀(「武藤」)に伝達させる。〔『福井県南条郡誌』〕

7月
  7月 1日 織田信長、「摂家」・「清花」と播磨国の別所長治(「別所小三郎」)・別所孫右衛門、河内国の三好康長(「三好笑岩」)
       若狭国の武田元明(「武田孫犬」)、そのほか畿内周辺の逸見駿河・粟屋越中・熊谷伝左衛門・山県下野守・内藤筑前・白井某
       松宮某・畑田某・塩河伯耆らの「出仕」を受ける。〔『信長公記』巻八〕
  7月 1日 聖護院道澄、安芸国より帰洛。〔『御湯殿上日記』〕
  7月 3日 「禁中」に於いて誠仁親王(「親王様」)の蹴鞠興行が催される。〔『信長公記』巻八〕
  7月 3日 織田信長(「信長」)、「御馬廻」ばかりを同行させ「御鞠」興行終了後に「くろ戸の御所御をき縁」に祗候し「天盃」を
       賜わる。〔『信長公記』巻八〕
  7月 3日 織田信長、「清涼殿の御庭」に於いて蹴鞠興行を見物。
       蹴鞠は誠仁親王(「御」)・三条西実枝・勧修寺尹豊・飛鳥井雅教・庭田重保・甘露寺経元・高倉永相・山科言継・庭田重通・
       柳原淳光・三条実福・「左頭中将」・飛鳥井雅敦・烏丸光宣・竹内長治・中院通勝・水無瀬兼成・三条公仲・日野輝資・
       広橋兼勝・高倉永孝・「権右少弁」・薄諸光・五辻元仲によって行われた。〔『信長公記』巻八〕
  7月 3日 織田信長(「信長」)、「御官位を進められ候」という正親町天皇「勅諚」を拝辞。〔『信長公記』巻八〕
  7月 3日 松井友閑(「友閑」)、「宮内卿法印」となる。〔『信長公記』巻八〕
  7月 3日 武井夕庵(「夕庵」)、「二位法印」となる。〔『信長公記』巻八〕
  7月 6日 京都「かみ・下京衆」、妙顕寺に於いて織田信長のために観世座与左衛門・観世又三郎の能8番を興行す。
       桟敷で見物したのは「摂家・清花の御衆」と武井夕庵(「夕庵」)・松井友閑(「友閑」)・「長安」(楠長諳カ)・「長雲」
       らであった。〔『信長公記』巻八〕
  7月 6日 織田信長(「信長」)、小早川隆景(「小早川左衛門佐」)へ安芸国(毛利氏)・但馬国(山名韶熈)間の「和与」の報告に
       ついて、但馬国は以前に通知したように織田信長「分国」であることは「兼約」であるから、近年疎遠となり「遺恨」があると
       いえども、毛利氏が出雲国・但馬国を維持して尼子勝久(「尼子勝久」)・山中幸盛(「山中鹿介」)以下の「ゥ牢人」退治
       するのに適切であるというのであれば無事に成功を期待する旨を通知。詳細は武井夕庵(「夕庵」)に伝達させる。
       〔「小早川家文書」一〕
  7月 6日 多聞院英俊、十市遠長(「十常」)を見舞う。〔『多聞院日記』二〕
  7月 8日 織田信長(「信長」)、小早川隆景(「小早川左衛門佐」)へ和平仲介のため安芸国に滞在していた聖護院道澄(「聖門」)
       上洛の馳走を諒承し、織田信長(「信長」)は毛利氏に対して特別に疎意無く「感悦」していること、毛利輝元(「輝元」)は
       相変わらずの様子で特に事態の変化も無いことはよいことであること、毛利氏(「貴所」)と織田側(「此方」)の「入魂」な
       関係は聖護院道澄(「彼御口上」)より聞いていること、「天下猶以静謐」であること、詳細は聖護院道澄(「門主」)が連絡
       することを通知。〔「吉川家文書」一〕
  7月10日 吉田兼見、織田信長(「信長」)が越前国へ出陣した旨を知る。〔『兼見卿記』一〕
  7月10日 大和国高山、去6月晦日に落雷した際の残り火で杉の巨木が炎上。〔『多聞院日記』二〕
  7月11日 筒井順慶(「筒井」)、大和国春日大社へ社参す。〔『多聞院日記』二〕
  7月12日 織田信長、村井貞勝(「村井長門守」)へ久我家領の件で先年の織田信長「朱印」の旨を重ねて安堵するよう命令。
       〔「久我文書」二〕
  7月12日 織田信長、近江国勢田の「大橋」の修築を実施し、この日は吉日であったので「柱立」を行う。〔『信長公記』巻八〕
  7月12日 多聞院英俊、「御ナヘ」(十市遠成後室)と松永久通(「金吾」)の祝言が行われることを知る。〔『多聞院日記』二〕
  7月15日 織田信長、常楽寺周辺に「御到着」。〔『信長公記』巻八〕
  7月15日 織田信長、京都を発し美濃国岐阜城へ向かう。〔『信長公記』巻八〕

  7月16日 織田信長、美濃国垂井に宿泊。〔『信長公記』巻八〕
  7月16日 吉田兼見、織田信長が越前国一向一揆を鎮圧(「一国平均」)した旨を知る。〔『兼見卿記』一〕
  7月17日 織田信長、美濃国曽根(「楚根」)へ立ち寄る。
       稲葉一鉄(「稲葉伊予」)、孫たちに能を舞わせ饗応した。
       これに対して織田信長はその時「さゝせられ候御腰物」を「彦六息」に下賜。〔『信長公記』巻八〕
  7月17日 織田信長、美濃国岐阜城へ帰還。〔『信長公記』巻八〕
  7月18日 松永久通(「松永金吾」)、大和国龍王城に於いて「御ナヘ」(十市遠成後室)と祝言す。
       多聞院英俊はこの祝言に否定的な見解示す。〔『多聞院日記』二〕
  7月19日 多聞院英俊、松永久通と十市遠成後室の祝言を塙直政(「原田備中守」)が延引させたことを知る。
       多聞院英俊はこの処置を「尤珍重々々」と評す。〔『多聞院日記』二〕
  7月20日 織田信長(「信長」)、村上国清(「村上源五」)へ「甲州武田」は村上国清にとって「旧敵」であり「鬱憤」を晴らしたい
       意志を織田信長(「信長」)に依頼していたが、今度三河国方面に於いて武田勝頼(「武田」)と一戦を遂げて悉く撃破するも
       少々残党が存在していること、まさに好機であるので早々に信濃国方面に出撃するように三河国長篠の合戦場より使者を派遣し
       通達すること、この軍事行動に同心するということは「累年契約之筋目」であるし、織田側よりも美濃国・信濃国境目の美濃国
       美濃国岩村城に先発隊として織田信忠(「管九郎」)を派遣したが、村上国清は越中国方面に出陣しているために数度の軍事
       計画も無駄となり、「表裏之為体」で「外聞」が悪く「無念」であることを通知。このまま信濃国を放置しておくのは「口惜」
       しく、村上国清(「貴所」)は特別に信濃国に注意を払うべきことを促し、重ねて使者を派遣する旨を通達。
       〔『信州古文書』信州十六〕
  7月21日 柴田勝家(「勝家」)、越前国三国湊の森田三郎左衛門尉(廻漕問屋)へ7月21日より7月26日まで三国湊へ着岸する船
       については大小に関係なく越後国・越中国・能登国3ヶ国の入船は禁止する旨を通達。「牛田」にも同様の通達が行っている
       こと、徳山秀現(「徳山」:柴田勝家老臣)へは柴田勝家より通知することを通達。〔「森田正治氏所蔵文書」〕
  7月23日 塙直政、津田宗及と共に宗訥の茶会に参席。〔『宗及他会記』〕
  7月25日 多聞院英俊、延引されていた「十後ノ御ナヘ」(十市遠成後室)と松永久通(「金吾」)の祝言がこの日に執り行われたこと
       を知り、「浅猿々々」と評す。〔『多聞院日記』二〕
  7月26日 多聞院英俊、井戸良弘(「井戸若州」:大和国人)を礼問す。〔『多聞院日記』二〕
  7月26日 山城国槙島城に於いて大喜多亀介・大喜多兵庫介が「生害」す。〔『多聞院日記』二〕
  7月27日 北畠信意(「信意」:織田信雄)、越前国の瓜生内記へ立利増成坊分の30石3斗余りと被官6名を宛行う。
       〔「松井文書」、『古案』乾〕
  7月 晦日 多聞院英俊、松永久通(「松金」)へ祝言の祝儀として大和国龍王城に「マコ介」を派遣。〔『多聞院日記』二〕

8月
  8月 4日 正親町天皇、江戸重通へ常陸国内での天台宗・真言宗の相論停止と比叡山延暦寺の指示に従う旨の勅命を下す。
  8月 4日 多聞院英俊、「十後」(御ナヘ:松永久通室)より麺20把を贈られる。〔『多聞院日記』二〕
  8月 5日 多聞院英俊、惣珠院に於いて井戸良弘(「井戸若州」)の取り合わせにより塙安弘(「塙喜三郎」)へ100疋を贈る。
       また三学院に於いて「茶之事」があった。〔『多聞院日記』二〕
  8月 6日 織田信長、北条河内守(河内国土豪)へ大坂方面の戦況報告を諒承。詳細は明智光秀(「明智日向守」)に伝達させる。
       〔『増訂織田信長文書の研究』下巻‐528〕
  8月 6日 武藤舜秀(「武宗右」)、越前国立石浦惣中へ織田信長(「上様」)布陣の準備を命令。〔「立石浦共有文書」〕
  8月 7日 村井貞勝の奉行人・丹羽長秀の奉行人、徳大寺公維(「徳大寺殿」)よりの徳政令適用申請不履行の処置を実行す。
       〔「竜安寺文書」二〕
  8月 7日 多聞院英俊、大和国長柄城に塙安弘(「塙喜三郎」)を見舞う。〔『多聞院日記』二〕
  8月 8日 不破光治(「不破河内守」)、越前国立石浦百姓中へ織田信長(「上様」)布陣の準備を命令。〔「立石浦共有文書」〕
  8月 9日 大和国衆(「当国衆」)、織田信長(「信長」)の命令で悉く越前国へ出陣。〔『多聞院日記』二〕
  8月 9日 多聞院英俊、この日織田信長(「信長」)の命令を受けて大和国衆(「当国衆」)が越前国へ出陣したこと、「山城衆」も
       同様であることを知り、遠国への出陣は「浅猿事」で「亡国ノ基」であると評す。〔『多聞院日記』二〕
  8月12日 織田信長、越前国に向けて美濃国岐阜城を出陣。美濃国垂井に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  8月13日 織田信長、羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)が守備している近江国小谷城に宿泊。羽柴秀吉(「筑前守」)より兵粮供出を受く。
       〔『信長公記』巻八〕
  8月13日 織田信長(「信長」)、狛秀綱(「狛左馬進」)へ越前国在陣見舞を謝し、近日の上洛予定を通達。〔「狛文書」〕
  8月13日 多聞院英俊、織田信長の命令により出陣した大和国衆の「陳立之祈祷」を行う。〔『多聞院日記』二〕
  8月14日 朝廷、織田信長(「信長」)の越前国出陣をの陣中見舞として「勅使」勧修寺晴豊を派遣。
       吉田兼見が勧修寺晴豊に同行、近江国坂本において明智光秀(「惟任日向守」)と面会し高島新城へ宿泊。〔『兼見卿記』一〕
  8月14日 織田信長、越前国敦賀に宿泊。武藤舜秀(「武藤宗右衛門」)の宿所に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  8月14日 織田信長、越前国敦賀に着陣。〔「泉文書」〕
  8月14日 松井友閑(「宮内卿法印」)、山城国石清水八幡宮祠官の田中長清へ石清水八幡宮領山城国狭山郷について重ねて織田信長
       「御意」を申請したところ異儀無きようにとの「御諚」により、織田信長は「上使」の派遣と塙直政(「原備」)への直接指示
       を下したことを通達。〔「前田家所蔵文書」古蹟文徴十一〕
  8月15日 織田信長、織田軍先鋒隊と「越前牢人衆」3万余騎を越前国諸口より乱入させる。〔『信長公記』巻八〕
  8月15日 織田信長、越前国三国湊の森田三郎左衛門尉(廻漕問屋)へ入津禁止命令を遵守したことに対し最前に織田信長「朱印」を
       発給するが、矛盾する内容の織田信長「朱印」が存在すれば無効として、再び織田信長「朱印」を発給し所領・営業を安堵。
       〔「森田正治氏所蔵文書」〕
  8月15日 織田信長、越前国敦賀より木ノ芽峠(「木目口」)および浜手へ軍勢を進発させる。
       織田軍は浜手の篠尾城・杉津城を攻略、敵軍の「数多くひ」を切り織田信長は「気を散」らす。〔「泉文書」〕
  8月15日 羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)、去年木芽城を奪取された「遺恨」があるため明智光秀(「維任」)と相談し、この夜中に
       越前国府中へ進撃。二手に分かれて敵兵を待ち伏せする。〔「泉文書」〕
  8月15日 明智光秀(「惟任日向」)・羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)、越前国一揆の拠点である大良越城の大塩「円強寺」と杉津城の
       若林長門父子を討ち取り、敦賀の織田信長(「信長」)陣所へその首級を送る。〔『信長公記』巻八〕
    この頃 織田軍、越前国府中に進軍。〔『多聞院日記』二〕
  8月15日 勧修寺晴豊・吉田兼見、高島新城を出発し越前国敦賀に宿泊。〔『兼見卿記』一〕
  8月15日 村井貞勝、織田信長へ書状を認める。〔「泉文書」〕
  8月15日 この夜、織田軍は三宅権丞の籠城する越前国府中竜門寺へ攻撃を仕掛ける。近辺の諸城へも放火す。〔『信長公記』巻八〕
  8月15日 羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)・明智光秀(「惟任日向守」)、越前国府中町中に於いて加賀国・越前国の一揆2000余騎を
       切り捨てる。〔『信長公記』巻八〕
  8月16日 織田信長(「信長」)、越前国敦賀を出立。1万余騎を率いて木目峠を経由し三宅権丞の籠城する越前国府中竜門寺を攻囲。
       〔『信長公記』巻八〕
  8月16日 織田信長は越前国木ノ芽峠(「木目口」)へ「出馬」、明智光秀(「維任日向守」)を浜手より越前国府中町へ向かわせる。
       織田信長は木ノ芽峠(「木目」)を突破するが、敵兵が越前国府中へ流入するのを防ぐため待機。
       明智光秀(「維任」)・羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)、が越前国府中へ侵入し敵兵を掃討したこと、越前国は「一国平均」に
       属し「府中町ハ死かい計にて一円あき所な」い状態となる。〔「泉文書」〕
  8月16日 勧修寺晴豊・吉田兼見、越前国敦賀を出発し越前国府中に到着。羽柴秀吉(「羽柴藤吉郎」)陣所を訪問し面会。
       〔『兼見卿記』一〕
  8月16日 織田軍、朝倉軍を越前国「木ノ辺」・「鉢伏」まで追撃。〔『多聞院日記』二〕
  8月16日 多聞院英俊、大和国長柄城の塙小七郎を礼問し「上古樽」などを贈る。〔『多聞院日記』二〕
  8月16日 多聞院英俊、十市遠長(「十常」)へ「新酒」などを送付。〔『多聞院日記』二〕
  8月17日 勧修寺晴豊・吉田兼見、織田信長(「信長」)の越前国北之庄本陣に到着。村井専次が取次をする。〔『兼見卿記』一〕
  8月17日 織田信長(「信長」)、勧修寺晴豊・細川昭元(「細川右京兆」)・吉田兼見を謁し饗応す。〔『兼見卿記』一〕
  8月17日 織田信長(「信長」)、8月15日付書状を送付した村井貞勝(「村井長門守」)へ全3ヶ条にわたり越前国の状況を通達。
       織田信長は8月15日に越前国敦賀より木ノ芽峠(「木目口」)および浜手へ軍勢を進発させ、織田軍は浜手の篠尾城・杉津城
       を攻略し敵軍の「数多くひ」を切り織田信長は「気を散」らすほどの戦果であったこと、
       8月15日に明智光秀(「維任」)・羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)が越前国府中へ侵入し敵兵を掃討したこと、
       8月15・16日の両日で越前国「一国平均」に属し「府中町ハ死かい計にて一円あき所な」い状態を「見せ度」く思うこと、
       8月17日に越前国内の残敵掃討戦を実行し、大将分の西光寺・下間頼総(「下間和泉」)・若林某を討ち取ったこと、
       越前国が「即時属存分」という状態で諸口も同様に制圧するので安心すべきことなどを荒木村重(「荒木信濃守」)・
       三好康長(「三好山城守」)以下に伝達し「よろこはせ」るよう命令す。〔「泉文書」〕
  8月17日 織田信長、越前国内の残敵掃討戦を実行。〔「泉文書」〕
  8月17日 織田信長、越前国木芽城・鉢伏城を撃破して下間頼総(「下間和泉法橋」)・若林某・豊原西方院・朝倉三郎らを刎首。
       その後に軍勢を4分割し残敵掃討(「くひをきり候」)を実施。この日に織田信長陣所に到来した敵首は2千余であった。
       また捕虜7、80人は即時「くひを切」った。〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月17日 吉田兼見、町屋に宿泊し塙直政(「原田備中守」)・佐久間信栄(「佐久間甚九郎」)・柴田勝家(「柴田修理進」)・
       猪子高就(「猪子兵介」)・村井貞成(「村井作右衛門」)・村井専次・九藤新左衛門・芥川某・細川藤孝(「長兵」)に物を
       贈る。〔『兼見卿記』一〕
  8月18日 織田信長、陣所にて方々より敵首500または600ずつ到来したのを受ける。総数は不明であった。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月18日 柴田勝家(「柴田修理」)・丹羽長秀(「丹羽五郎左衛門」)・織田信澄(「織田七兵衛」)、越前国鳥羽城を攻略し
       5・600人を討ち取る。〔『信長公記』巻八〕
  8月18日 金森長近(「金森五郎八」)・原彦次郎、濃州口から郡上方面に進撃し、越前国大野郡に進撃す。〔『信長公記』巻八〕
  8月18日 勧修寺晴豊・吉田兼見、帰洛の途につき今町に宿泊。宿泊の馳走に武井夕庵(「夕庵」)の折紙を使用。〔『兼見卿記』一〕
  8月19日 織田信長、塙直政(「原田備中守」)・滝川一益(「滝川左近進」)・北畠信意(「茶箋」:織田信雄)・
       神戸信孝(「三七郎」:織田信孝)・織田信包(「上野介」)を掃討戦に投入し600余の敵首級をあげる。
       氏家直通(「氏家」)・武藤舜秀(「武藤」)の部隊は「一乗可然者共」の首級300余をあげる。
       柴田勝家(「柴田修理亮」)・丹羽長秀(「惟住五郎左衛門尉」)、朝倉与三郎(「朝倉与三」)の籠もる要害を攻略し
       朝倉与三郎「左右之者」600余を討ち取り、捕虜100人余りは即時「くひをきり」という処置を下す。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月19日 勧修寺晴豊・吉田兼見、今道を発し近江国高島郡海津に到着。〔『兼見卿記』一〕
  8月20日 織田信長(「信長」)、越前国府中の竜門寺より北畠信意(「茶筅殿」:織田信雄)へ大滝・白山に一揆勢が集結したという
       ので滝川一益(「滝川」)・津田一安(「掃部助」)を派遣し4、5百人を討ち捕ったことを通知し、谷々の捜索を実施した
       北畠信意(織田信雄)には日数限定の軍事行動であるので「いかにも念に入」れ「一人も不残打果」すよう命令。
       また北畠信意(織田信雄)が塙直政(「原田備中守」)を赤谷(越前国今立郡今立町)に派遣したことは諒承したことを通達。
       〔「松井文書」、「瓜生文書」、『寸金雑録』、『古案』乾〕
  8月20日 織田信長、越前国「ひなかたけ」山に菅屋長頼(「玖右衛門尉」)。前田利家(「前田又左衛門尉」)・「馬廻」衆を投入し
       1000余人を討ち取り、捕虜100余人は即時「刎首」に処す。
       北畠信意(「茶箋」:織田信雄)・滝川一益(「滝川」)、大滝・白山を攻略し平野定久(「平野土佐」)・「あさみ」某を
       はじめ「鉄炮者共」50、60名を切り捨て、総数600余を討ち取った。また捕虜10、20名の捕虜を織田信長の陣所に
       送付。〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月20日 勧修寺晴豊・吉田兼見、船路で近江国坂本に到着。吉田兼見は帰宅、勧修寺晴豊は帰京。〔『兼見卿記』一〕
  8月20日 尊朝法親王、島津歳久へ上洛の際に尊道親王真翰を見物させる旨を通知。〔「旧記雑録後編」@‐811〕
  8月20日 村井貞勝、越前国在陣中の織田信長へ書状を認める。〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月20日 多聞院英俊、去8月16日頃に織田信長(「信長」)が越前国へ侵入したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
    この頃 織田軍、越前国一乗谷に進軍。
       越前国は「一国一円敗北」という状態となる。兵卒は討ち取られるか刎首され、非戦闘員も「男女老若不論撫切」に処され、
       越前国一国は「大旨討殺」されたという。織田軍はこの後に加賀国へ侵入、ついで能登国・越中国も制圧したという。
       〔『多聞院日記』二〕
  8月21日 織田信長、佐久間信栄(「佐久間甚九郎」)の部隊が討ち取った500余の首注文と捕虜10余人を受け、即時「くひをきり」
       という処置をとる。〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月21日 織田信長、越前国風尾城に籠城し種々の投降要請を申し入れていたていた朝倉景健(「朝倉孫三郎」)を「生害」させる。
       また朝倉景健「被官」の金子兄弟以下の「首をはね」る。〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月21日 織田信長、柴田勝家(「柴田」)・丹羽長秀(「惟住」)より1000余人を「切」った注進を受ける。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月21日 織田信長、氏家直通(「氏家」)・武藤舜秀(「武藤」)より「二谷」を「撫切」にしたので討ち取った数は知れぬという
       注進と捕虜36名を受ける。捕虜の内には「河野代坊主了源」がおり、即時「くひをきり」という処置を下す。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月21日 勧修寺晴豊、吉田兼見へ使者を派遣し越前国下向同道の入魂を謝す。〔『兼見卿記』一〕
  8月21日 吉田兼見、織田信長(「信長」)の使者より鮭を受け取る。〔『兼見卿記』一〕
  8月22日 近衛前久、島津歳久(「歳久」)を上洛させた島津義久(「島津修理大夫」)へ近衛前久自身が織田信長(「信長」)と
       「一味」して帰洛するも家領は返付されなかった旨を報告。
       また「家門再興」のための助成を依頼するため島津歳久(「島津左衛門佐」)に詳細を伝達させ、「琵琶引」の1冊を贈与。
       〔「島津家文書」A‐665、「旧記雑録後編」@‐813〕
  8月22日 織田信長、越前国府中の陣所に於いて小数の捕虜を受け取る。各部隊からの注進は無くなり、「大略打果」したので、全軍に
       明日8月23日一乗谷へ陣替する予定を通達し、更に越前国中を悉く捜索し残敵掃討を実施させる。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月22日 織田信長、村井貞勝(「村井長門守」)へ全9ヶ条にわたる北国遠征の状況を通知。
       〔「高橋源一郎氏持参文書」、『古文書纂』三十四〕
  8月22日 北畠信意(「信意」:織田信雄)、瓜生内記へ「一揆誅罰追討」の先鋒と大野郡迄の案内を賞し、織田信長「御黒印」で瓜生
       を安堵する旨を通知。また織田信長「御掟」の如く念入りに残敵を掃討するよう命令す。〔「松井文書」、『古案』乾〕
  8月22日 吉田兼見、勧修寺晴豊を訪問し前日の礼を伝える。〔『兼見卿記』一〕
  8月22日 吉田兼見、村井貞勝(「村民」)を訪問し越前国下向の様子を報告。〔『兼見卿記』一〕
  8月23日 織田信長(「信長」)、越前国一乗谷に布陣。〔『信長公記』巻八〕
  8月23日 稲葉一鉄(「稲葉伊予」)と稲葉貞通父子をはじめ、明智光秀(「惟任日向守」)・羽柴秀吉(「羽柴筑前」)・
       細川藤孝(「永岡兵部大輔」)・簗田広正(「別喜右近」)、加賀国へ進撃す。〔『信長公記』巻八〕
  8月24日 織田信長、越前国「一揆蜂起」に際して国外へ「退出」していた越前国の橘屋三郎左衛門尉へ「還住」を命令す。
       〔「橘文書」〕
  8月24日 武井夕庵(「二位法印尓云」)、越前国「一揆蜂起」にあたり能登国へ避難していた越前国の橘屋三郎左衛門尉へ織田信長
       より「還住」命令が下されたことを喜び、織田信長朱印状(「上様御朱印」)が発給されたのは「面目」(名誉なこと)である
       ことを告げ、「御服衣」(中国製高級織物)の取り扱いも織田信長「御朱印」で安堵されたことを通達。また橘屋三郎左衛門尉
       の一類の還住も安堵するが、「大坂門徒之衆」は許容しないことを通達。〔「橘文書」〕
  8月24日 吉田兼見、織田信長(「信長」)が越前国より帰陣した旨を知る。〔『兼見卿記』一〕
  8月25日 大和国興福寺に於いて「大乗院」越前国下向のための祈祷が行われる。〔『多聞院日記』二〕
  8月26日 多聞院英俊、大和国興福寺大乗院での越前国下向のための祈祷に参席。〔『多聞院日記』二〕
  8月26日 多聞院英俊、塙小七郎の「入魂」として山城国槙島城へ南三介の「一書」に詳細を記載して「少三郎」を使者として派遣。
       〔『多聞院日記』二〕
  8月26日 大和国興福寺へ山城国槙島城より「明官符分」が到来。
       多聞院英俊、自殺した大喜多亀介らの道具などが改められ、「奈良中被官」も同前に道具改が実施されることを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  8月27日 山城国より多聞院英俊が派遣した「少三郎」が大和国興福寺に帰還。
       多聞院英俊、塙小七郎(「小七郎」)からの南三介書状に対する返状を受け取った。〔『多聞院日記』二〕
  8月27日 多聞院英俊、大和国興福寺常如院が丹波国勝龍寺城に筒井順慶後室(「筒井後室」)の見舞に出向くことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  8月28日 織田信長、越前国豊原へ移陣。〔『信長公記』巻八〕
  8月28日 近衛前久、酒井忠次(「酒井左衛門尉」)へ自らの「身上之儀」については羽柴秀吉(「羽柴」)・村井貞勝(「村井」)・
       塙直政(「原田」)らの奔走により織田信長(「信長」)が「被聞召」れ、「殊更一廉可被申付」るといい「安堵」されたこと
       を通知。
       また「永々牢籠」であったため「当分在京」は困難であるので徳川家康(「家康」)への「好力」(合力:経済的援助)を取り
       成してくれるように依頼する。そのために事情を申し含めた二俣左馬助の派遣を通知。〔里見忠三郎氏所蔵『手鑑』〕
  8月28日 大和国興福寺に於いて「大乗院」越前国下向の祈祷が執行される。〔『多聞院日記』二〕
  8月28日 多聞院英俊、この日に塙小七郎が大和国長柄城に帰還する旨を知る。〔『多聞院日記』二〕
  8月28日 多聞院英俊、筒井順慶(「順慶」)のための祈祷として「心落ノ配巻経」を読誦する。〔『多聞院日記』二〕

9月
  9月 1日 多聞院英俊、塙小七郎の被官「東」の来訪を受けて懇談す。〔『多聞院日記』二〕
  9月 2日 織田信長(「信長」)、越前国豊原より越前国北庄城へ移動し縄張を開始。〔『信長公記』巻八〕
  9月 3日 織田信長(「信長」)、青蓮院尊朝法親王(「青蓮院殿」)へ在陣見舞を謝し、北国が「早速属存分」したら上洛する予定を
       通知。〔「大賀文書」〕
  9月 3日 多聞院英俊、織田信長による越前国討伐の詳細を知り、織田軍の北国制圧の様子を「抑頼朝以来ハ不可在之」、「希代ノ事」
       と評す。〔『多聞院日記』二〕
  9月 4日 織田軍、加賀国奧郡の反乱分子「大坂代坊主兵衛卿」(下間頼照か)・「松浦子共」ら1000余人を討ち取る。
       〔「二宮米太郎氏所蔵文書」〕
  9月 5日 尊朝法親王、八木嘉竺へ島津義久から贈られた遠島の名酒を謝す。〔「旧記雑録後編」@‐815〕
  9月 5日 織田信長(「信長」)、某へ越前国方面はますます織田信長「存分」を徹底させていること、昨日は加賀国奧郡の
       「大坂代坊主兵衛卿」(下間頼照か)・「松浦子共」ら1000余人を討ち取ったこと、近日中に美濃国岐阜城へ帰還する予定
       であることを通知。〔「二宮米太郎氏所蔵文書」〕
  9月 7日 羽柴秀吉(「羽柴藤吉郎秀吉」)、織田信長(「信長」)に対して足利義昭(「公方様」)の「御入洛」の斡旋を依頼した
       毛利輝元(「毛利殿」)へ織田信長の了承と上野秀政(「上中」)・真木島昭光(「牧玄」)の赦免、柳沢元政(「柳新」)の
       使者との交渉を報じ、馳走は羽柴秀吉・朝山日乗(「日上」)より詳細が通達される旨を通知。〔「毛利家文書」@‐331〕
  9月10日 菅屋長頼(「菅屋九右衛門尉」)・下石頼重(「下石彦右衛門尉」)、越前国府中三人衆の前田利家(「前田又左衛門尉」)
       不破直光(「不破彦三」)・佐々成政(「佐々内蔵助」)へ「織田大明神」が「大破」したことについて「御両三人」
       (前田利家・不破直光・佐々成政)が下達すべき神領についての織田信長「御朱印」を未だ越前国織田剣神社へ渡していない
       のが原因であるので直ちに下達すること、「寺社領高頭」は「両人」(菅屋長頼・下石頼重)より「上使」を派遣し糺明する
       よう織田信長より命令を受けているので、隠蔽工作を行えば「御為如何敷」き状態となることを通達。〔「剣神社文書」四〕
  9月10日 菅屋長頼(「菅屋九右衛門尉長頼」)・下石頼重(「下石彦右衛門尉頼重」)、越前国織田剣神社・別当寺へ過分に神領安堵
       したにもかかわらず社殿「大破」したことは「沙汰之限」であるとして「上使」が派遣され寺社領の「高頭」の調査を実施する
       ことを通達。〔「剣神社文書」三〕
  9月10日 菅屋長頼(「菅屋九右衛門尉長頼」)・下石頼重(「下石彦右衛門尉」)、越前国織田剣神社・別当寺へ神主・僧侶には各自
       「借銭」や「借米」があるといい、誰が借主であろうが少しでも回収することは「曲事」であるので、その糺明のため「上使」
       をが派遣されることを通達。〔「剣神社文書」四〕
  9月10日 菅屋長頼(「菅屋九右衛門尉長頼」)・下石頼重(「下石彦右衛門尉頼重」)、越前国織田剣神社大明神領百姓中へ大明神領
       を悉く耕作しながらも年貢等を難渋することを「沙汰之限」であり、近年の年貢等未進分を早急に上納するように「上使」が
       派遣されることを通達。また「当所務」(当年の年貢等)を全て「定納」すべきを命令し、不平を申す連中は「曲事」であると
       する。〔「剣神社文書」四〕
  9月11日 織田信長、山城国賀茂神社へ在陣見舞を謝す。〔「賀茂別雷神社文書」三〕
  9月12日 大和国興福寺、9月朔日付の「御書」を受けて、その中に「大乗院殿」から下された「越州ノ御状」があり、変わったことは
       無いということであった。〔『多聞院日記』二〕
  9月13日 吉田兼見、織田信長の上洛を知り息子満千代を同行し近江国大津において出迎える。〔『兼見卿記』一〕
  9月13日 多聞院英俊、越前国より帰陣した「庄村殿」(大和国人)より「白所々尾首唐毛ノ狛」を土産として貰う。
       〔『多聞院日記』二〕
  9月14日 織田信長(「信長」)、越前国豊原より越前国北庄城に移動。また滝川一益(「滝川左近」)・塙直政(「原田備中」)・
        丹羽長秀(「丹羽五郎左衛門」)に越前国北庄足羽山に陣屋普請を命令。〔『信長公記』巻八〕
  9月15日 織田信長(「信長」)、京都妙覚寺を宿所とする。「公家衆」は織田信長の北国からの凱旋を祝賀。〔『兼見卿記』一〕
  9月15日 織田信長(「信長」)、紀伊国熊野本宮へ神領を安堵。〔「二階堂文書」〕
  9月16日 織田信長、越前国北庄に在陣。
  9月16日 織田信長(「信長」)、千宗易(「抛筌斎」)へ「越前出馬」に際し「鉄炮之玉」1000発を贈られたことを謝す。
       詳細は塙直政(「原田備中守」)に伝達させる。〔「不審庵所蔵文書」〕
  9月16日 吉田兼見、猪子高就(「猪子兵介」)・村井専次を訪問、面会す。〔『兼見卿記』一〕
  9月16日 大和国興福寺大乗院に於いて祈祷が行われる。〔『多聞院日記』二〕
  9月16日 大和国興福寺、坪江荘・河口荘を安堵した織田信長朱印状(「信長朱印」)が発給された注進を受けるが誤報だったらしい。
       〔『多聞院日記』二〕
  9月17日 多聞院英俊、「大乗院殿」が越前国より帰還し、この日は園城寺(「三井寺」)に入ったことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  9月18日 織田信長(「信長」)、越前国陣所へ正親町天皇より「勅使」として派遣された勧修寺晴右(「勧修寺大納言」)へ
       「御作薫物并唐墨」を「両御所様」(正親町天皇・誠仁親王)より「拝領」し「頂戴」したことは忝く感じていることを通知。
       また北国平定の戦況を言上すべきではあるが「一揆之類還如何」と遠慮していたが勅使下向は「無冥加之次第」であり、この
       ような織田信長の意向を正親町天皇「叡聞」に達するよう依頼する。〔「総見寺文書」〕
  9月20日 織田信長(「信長」)、越前国内の占領状況と「普請注文」等を報告してきた羽柴秀吉(「羽柴筑前守」)へ越前国北庄城の
       普請が完了したので来たる9月23日には必ず羽柴秀吉の陣所へ赴くので、この旨を蜂屋頼隆(「蜂屋」)への伝達を命令。
       〔「布田正之氏所蔵文書」〕
  9月20日 近衛前久、薩摩国へ下向。
  9月21日 多聞院英俊、大和国長柄城の塙小七郎と塙孫四郎へ贈物を送付。〔『多聞院日記』二〕
  9月23日 織田信長、越前国北庄城より越前国府中へ移動。〔『信長公記』巻八〕
  9月23日 織田信長、不破光治(「不破河内守」)・佐々成政(「佐々内蔵助」)・前田利家(「前田又左衛門尉」)へ宛行った
       越前国今立郡・南条郡の内の寺庵領・社領を全て没収すべきことを命令。
       但し「織田大明神領」については「先祖別而子細有之」というので没収はしないことを通達。
       〔『松雲公採集遺編類纂』百四古文書部六〕
  9月24日 織田信長、越前国府中を出発し近江国椿坂に宿泊。〔『信長公記』巻八〕
  9月24日 吉田兼見、村井貞勝(「村井長門守」)より明日吉田郷の近所で織田信長(「信長」)が鷹狩りをするので茶湯菓子の用意を
       命じられる。〔『兼見卿記』一〕
  9月25日 織田信長、美濃国垂井に到着。〔『信長公記』巻八〕
  9月25日 織田信長(「信長」)、山城国愛宕郡の一乗寺辺で鷹狩りを行う。〔『兼見卿記』一〕
  9月25日 吉田兼見、一乗寺の織田信長(「信長」)を訪問し茶湯菓子を、勢子衆(「列率衆」)に焼餅を振る舞う。
       織田信澄(「七兵衛尉」)・村井専次、吉田兼見の織田信長への暇乞の挨拶を馳走。〔『兼見卿記』一〕
  9月26日 織田信長、美濃国岐阜城に帰還。〔『信長公記』巻八〕
  9月26日 多聞院英俊、この日に越前国への出陣衆の大部分が帰陣したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
  9月27日 明智光秀(「惟任光秀」)、大和国の河瀬宗綱(「河瀬兵部丞」)と今井郷惣中へ今井宗久の斡旋により武装解除を承認。
       また詳細は藤田伝五より伝達させる。〔「称念寺文書」〕
  9月27日 吉田兼見、織田信澄(「七兵衛尉」)を礼問するが、出頭中ということで直に織田信長(「信長」)を訪問。
       〔『兼見卿記』一〕
  9月27日 多聞院英俊、越前国より昨今「改陣」の衆が帰国したこと、織田信長(「信長」)は美濃国岐阜へ帰還したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
  9月28日 多聞院英俊、「東」(塙小七郎内衆)の来訪を受け、「松原之地子」は「当坊」(多聞院英俊か?)が納入することを通知
       される。〔『多聞院日記』二〕
  9月29日 柴田勝家(「勝家」)、越前国の橘屋三郎左衛門尉へ「唐人座」と「軽物座」に納入する「役銭」を柴田勝家「被官」と
       偽ったり、妨害する連中、その他「ゥ商人宿」で「見隠輩」が存在すれば「成敗」を加えることを通達。また従来の如く安堵
       する織田信長「御朱印」が下されたから、その旨に違反しないよう指示を下す。〔「橘文書」〕
  9月  日 織田信長、越前国支配を担当する柴田勝家(「柴田」)の「目付」に任命した不破光治(「不破河内守」)・
       佐々成政(「佐々内蔵助」)・前田利家(「前田又左衛門尉」)へ全9ヶ条の越前国「掟条々」を通達。
       新事態が発生した場合は何事に於いても「信長申次第」とすることが重要であること、また「とにもかくにも我々を崇敬」して
       「影後にてもあたにおも」ってはいけないし「我々あるかたへハ足をもさゝさるやうに」注意を払うことが重要であること、
      これを遵守すれば「侍の冥加有て長久」となることを通達。〔池田家文庫本『信長記』〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国織田庄へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「剣神社文書」三〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国熊坂郷へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「法雲寺文書」〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国永平寺へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「永平寺文書」二〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国寮村へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「中島正文氏所蔵文書」〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国新郷郷へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「斎藤文書」〕
  9月  日 織田信長(「弾正忠」)、越前国竹守村へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「瓜生文書」、『古案』、『武家事紀』二十九〕
  9月  日 柴田勝家(「柴田」)、越前国織田寺・門前へ全3ヶ条の「禁制」を下す。〔「剣神社文書」三〕
  9月  日 柴田勝家(「柴田」)、越前国新郷郷へ全3ヶ条の「定」を下す。〔「斎藤文書」〕
  9月  日 菅屋長頼、美濃国安養寺へ全5ヶ条の禁制を下す。〔「安養寺文書」‐9〕

10月
 10月 初め 織田信長、「大将御拝賀の政」を執行するために木村治郎左衛門を「御奉行」として「禁中」に「陣座」建立を命令。
       〔『信長公記』巻八〕
 10月 1日 織田信長(「信長」)、丹波国の片岡藤五郎へ赤井直正(「荻野悪右衛門」)が未だに「出頭」しないので「退治」のために
       明智光秀(「維任日向守」)を派遣することを通達。また明智光秀(「日向守」)へ協力して戦闘に参加することを命令し、
       知行安堵と戦功によっては新恩給与の予定を通達。〔「新免文書」〕
 10月 2日 前田利家(「前田又左衛門尉」)・佐々成政(「佐々内蔵助」)・不破光治(「不破河内守」)、「無縁所」として「古跡」
       の越前国高瀬村の宝円寺へ早速「木屋懸」を命令。また不法行為を行う者があればその「交名」を報告するように命令。
       〔「宝円寺文書」〕
 10月 3日 織田信長、美濃国岐阜城に於いて陸奥国から届けられた鷹50足のうち23足を召し上げる。〔『信長公記』巻八〕
 10月 4日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ越前国・加賀国平定の際の「先衆同前」の戦功を慰労し、その後に
       播磨国・丹後国方面の戦陣から情報収集のために飛脚を派遣したことを賞す。変動があれば逐一報告することを命令し、山城国
       物集女城の物集女忠重が「曲者儀連々申」したので「生害」させたことを賞す。また来たる10月10日の上洛予定を通知。
       〔「米田藤十郎氏所蔵文書」〕
 10月 5日 織田信長、「条目」と「誓詞」を以て和議を求めてきた本願寺顕如(「本願寺」)へ「赦免」の旨を通達し、今後は織田信長
       に対し敵対行為をしないよう申し入れる。〔『南行雑録』一〕
 10月 5日 織田信長、三好康長(「三好山城守」)へ本願寺顕如からの「条目」が松井友閑(「宮内卿」)へ届けられたこと、
       本願寺顕如は今後織田信長に敵対しない意向であることを通知。詳細は松井友閑(「宮卿」)に伝達させる。
       〔『南行雑録』一〕
 10月 5日 織田信長、松井友閑(「宮内卿法印」)へ本願寺顕如(「大坂」)が「侘」を申し入れ「条目」と「誓紙」を送付してきたが
       これを諒承したこと、敵対行為は無くとも今後の動向を見定め、相違が無ければ「赦免」することを通達。
       また織田信長「朱印」を発給するが、松井友閑がこれを保管し、本願寺顕如の「条目」全てを糾明した後に渡すことを命令。
       本願寺顕如は以前より敵対していたので軽率に織田信長朱印状を送付しないように念を押す。
       さらにその状況を三好康長(「三好山城守」)へ伝達するよう命令。〔『南行雑録』一〕
 10月 5日 荒木村重、播磨国天神山城(浦上宗景属城)に兵粮を搬入する。
 10月 6日 塙直政(「原田備中守」)、大和国より山城国槙島城へ帰還する。〔『多聞院日記』二〕
 10月 6日 多聞院英俊、大和国長柄城に赴き塙小七郎(「塙小」)・塙孫介(「マコ介」)・塙安弘(「喜三郎」)・
       井戸良弘(「井若」)・十市遠長(「十常」)らへ贈物をする。〔『多聞院日記』二〕
 10月 6日 多聞院英俊、五大院の「指出」の件は85石程にしたことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 10月 7日 多聞院英俊、早々に大和国興福寺へ戻る。前日に塙直政(「原田備中守」)が山城国槙島城に帰還したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
 10月 8日 織田信長(「信長」)、尾張国の河野藤三・山口太郎兵衛・坂井利貞(「酒井文助」)・篠岡八右衛門尉へ尾張国中の橋梁
       架設を命令。〔『坂井遺芳』〕
 10月 8日 織田信長(「信長」)、播磨国・丹後国方面より再度戦況を「注進」してきた細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ
       宇喜多直家(「宇喜多」)の端城を奪取し浦上宗景(「宗景」)に守備させたこと、荒木村重(「荒木」)が帰陣したこと、
       丹波国・丹後国平定については明智光秀(「維任」)からも詳細な報告がなされているが、「誠せいを被入度々被申越」れて
       「喜悦之至」であると喜ぶ。また明後日10月10日の上洛予定を通知。〔「細川家文書」二〕
 10月 8日 大和国釜口の五大院に於いて「十後」(十市遠成後室)と松永久通(「金吾」)が参会。〔『多聞院日記』二〕
 10月 8日 筒井順慶(「筒井順慶」)、大和国春日大社へ社参す。〔『多聞院日記』二〕
 10月 9日 織田信長(「信長」)、細川藤孝(「長岡兵部大輔」)へ丹波国方面の件で重ねて詳細な報告を賞し、先ほども
       明智光秀(「維任」)より「注進」があり細川藤孝からの報告通りであったこと、明日10月10日に上洛する予定であること
       を通知。〔「細川家文書」二〕
 10月 9日 多聞院英俊、山城国槙島城の塙小七郎より「盆ノ事」についての通達を受ける。〔『多聞院日記』二〕
 10月10日 織田信長、陸奥国より献上された鷹14足と鷂3足を伴い上洛す。この日は美濃国垂井に宿泊。〔『信長公記』巻八〕
 10月11日 織田信長、この日は近江国佐和山城に宿泊。〔『信長公記』巻八〕
 10月11日 「三条殿」・水無瀬兼成、織田信長を出迎えるために柏原に下向。〔『信長公記』巻八〕
 10月11日 万見重元(「万見仙千代重元」)・堀秀政(「堀久太郎秀政」)、近江国の木村藤兵衛へ近江国朝妻村に500石の知行分を
       安堵。〔「国友共有文書」、「中村不能斎採集文書」四〕
 10月11日 多聞院英俊、大和国春日大社へ社参し、この日に塙小七郎(「塙七」)・塙直政(「原備」)へ振舞があることを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
 10月11日 多聞院英俊、大和国釜口の五大院の「知行分」が承認されたことを南三介より知る。〔『多聞院日記』二〕
 10月12日 織田信長、近江国永原に寄宿。新たに架けられた勢田橋を見物するために陸路にて上京す。
 10月12日 柴田勝家(「柴田勝家」)、下野国法雲寺へ「高田宗門」(高田専修寺派)であることは織田信長「御朱印」によって諒承
       されたことを通達。〔「法雲寺文書」〕
 10月12日 不破光治(「不破河内守光治」)・佐々成政(「佐々内蔵助成政」)・前田利家(「前田又左衛門尉利家」)、越前国
       大滝神社の神郷の紙座衆中へ特権範囲を設定。〔「大滝神社文書」〕
 10月12日 多聞院英俊、十市遠長(「十市常州」)の件が「相調由」を喜ぶ。〔『多聞院日記』二〕
    この頃 織田信長の上洛にあたり、「摂家」・「清花」・「隣国の面々」が近江国勢田・逢坂、京都山科・粟田口周辺に「御迎衆」
       として出向く。〔『信長公記』巻八〕
 10月13日 織田信長(「信長」)、上洛。〔『多聞院日記』二〕
 10月13日 織田信長、上洛し二条妙覚寺に入る。〔『信長公記』巻八〕
 10月15日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)が去10月13日に上洛したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 10月15日 大和国興福寺、織田信長(「信長」)の上洛に対して「寺官」の三学院を京都に派遣。〔『多聞院日記』二〕
 10月15日 十市遠長(「十常」)、「使衆」を上洛させる。〔『多聞院日記』二〕
 10月16日 多聞院英俊、塙小七郎が山城国槙島城より大和国長柄城へ帰還したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 10月16日 今川氏真、鈴木重時(「鈴木三郎大夫」)へ「長篠」での戦功を賞し、近日中に三河国へ人数を派遣する旨を通知し、詳細は
       酒井右京進・朝比奈八郎兵衛尉に伝達させる。〔「鈴木重信氏所蔵文書」‐7〕
 10月17日 多聞院英俊、大和国長柄城へ「四郎」を派遣。〔『多聞院日記』二〕
 10月18日 織田信長(「信長」)、石清水八幡宮祠官の田中長清(「田中殿」)へ宮領の山城国狭山郷については去る永禄12年と
       元亀2年の織田信長「朱印」の旨を遵守して「直務」として「進止」することを命令。〔「石清水文書」三〕
 10月18日 柴田勝定(「柴田源左衛門尉」)、越前国称名寺へ下間頼照(「下間筑後法橋」)を討ち取った戦功を賞す。
       また「勝家折紙」によって「門徒帰参人」の支配を承認されたこと、黒目村・米納津村・野中村・下野村の連中が「腰刀」・
       「武具」を準備し忠節を尽くしたいとの要望を許可したことを通達。〔「称名寺文書」〕
 10月19日 織田信長、京都にて伊達輝宗(「奥州伊達方」)より名馬「がんぜき黒」・「白石鹿毛」2頭と「鶴取りの御鷹」2足の献上
       を受ける。〔『信長公記』巻八〕
 10月19日 織田信長(「信長」)、京都清水寺に出向く。また村井貞勝(「村井長門」)に伊達輝宗より派遣された使者を清水寺にて
       饗応することを命令。使者2名には黄金2枚が下賜された。〔『信長公記』巻八〕
 10月20日 織田信長、石山本願寺との和睦を締結。
 10月20日 織田信長(「信長」)、和泉国五社府中の神主へ社領を安堵す。〔「泉井上総社文書」〕
 10月20日 織田信長(「信長」)、毛利輝元(「毛利右馬頭」)へ大友義鎮(「大友宗麟」)が内々に上洛を希望してきたので諒承した
       こと、大友義鎮(「宗麟」)と参会したとしても毛利輝元に疎意は無いことを通知。詳細は使僧に伝達させることを通知。
       〔『古今消息集』四〕
 10月20日 織田信長、京都二条妙覚寺に於いて赤松氏・小寺氏・別所氏ら播磨国衆の参洛礼問を受ける。〔『信長公記』巻八〕
 10月20日 織田信長、播磨国の浦上宗景や但馬国の山名韶熈と対面す。
 10月20日 今井宗久(「昨夢斎宗久」)、和泉国府中の在庁田所氏へ織田信長「御朱印」の件を塙直政(「原田備中守」)に直談し、
       発給されるはこびとなったことを祝す。また塙安弘(「塙喜三郎」)より伝達がある旨を通達。〔「泉井上総社文書」〕
 10月20日 多聞院英俊、この日在京中の織田信長(「信長」)の命令により「神鹿」1疋が生捕りにされ京都に送付されたことを知る。
       多聞院英俊は去年にも同様の事があり「前代未聞ノ事、浅猿々々」と嘆く。〔『多聞院日記』二〕
 10月21日 織田信長、三好康長(「三好笑岩」)・松井友閑(「友閑」)を「御使」として本願寺顕如(「大坂門跡」)を「御赦免」。
       本願寺「年寄共」の平井・八木・今井ら、織田信長へ「小玉檻」・「枯木」・「花の絵」3軸を、三好康長(「三好笑岩」)を
       介して「三日月の葉茶壺」を献上し礼問す。〔『信長公記』巻八〕
 10月21日 織田信長の上洛にあたり去10月15日に上京した興福寺三学院(寺官)が大和国に帰還。〔『多聞院日記』二〕
 10月22日 多聞院英俊、織田信長の命令による「当国諸方道作」は3間2尺で準備が進行していること、山城国での道作は完成したが
       田畠が過分に損失したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 10月22日 多聞院英俊、織田信長の上洛にあたり去10月15日に上京した興福寺三学院(寺官)が昨夕に大和国帰還したことを知る。
       〔『多聞院日記』二〕
 10月23日 織田信長、上洛した姉小路頼綱(「飛騨国司姉小路中納言卿」)の礼問を受け、「栗毛」馬を献上される。
       〔『信長公記』巻八〕
 10月23日 織田信長(「信長」)、河内国天野山金剛寺へ寺領・山林竹木・被官人等を安堵。また新儀課役等は賦課しない旨も安堵。
       〔「金剛寺文書」‐314〕
 10月24日 塙小七郎、大和国長柄城より山城国槙島城へ帰還。〔『多聞院日記』二〕
 10月25日 織田信長、伊達輝宗(「伊達殿」)へ「弟鷹」2居を贈られたことを謝し、「五畿内」の件はいうに及ばず「至西国加下知」
       える状態であること、武田勝頼(「甲州之武田」)が織田信長に敵対し去る5月に三河国・信濃国の境界へ「乱入」してきた
       ので即時出馬・交戦し甲斐国・信濃国・駿河国の軍勢を撃破し「散鬱憤」じたこと、去る8月には越前国・加賀国の「凶徒」等
       数万人を「撫切」に処して平定したこと、織田信長にとって越前国・加賀国両国の「一揆之類」はものの数ではないが、
       「対天下成其禍」すので「退治」しなければ「不可有際限」ずというので「討果」したこと、関「東八州」の件はつまるところ
       織田信長「存分」に従う状態になるので、程近く切々と音信を通ずることを通知。また「所用之儀」は疎意無きことを通知。
       〔「岡本文書」〕
 10月25日 織田信長(「信長」)、初めて音信してきた遠藤基信(「遠藤内匠助」)へ贈られた「黒毛」馬は「乗心勝」るので特別に
       「秘蔵」することにしたことを通知し、来春には音信を通達することを約す。〔「斎藤報恩会博物館所蔵文書」一〕
 10月25日 松井友閑(「宮内卿法印」)、伊達輝宗(「伊達左京大夫」)へ織田信長(「信長」)は「逸物之鷹」・「名馬」進上を
       とても喜んでいること、松井友閑には黄金3両を贈ったことを謝す。また来春は「与十郎」を派遣して礼を申し入れることを
       通知。〔「伊達家文書」一、「岡本文書」〕
 10月25日 大和国興福寺、織田信長の命令による大和国内の「諸方路次作」のため人夫を供出。〔『多聞院日記』二〕
 10月26日 織田信長、明智光秀(「惟任日向守」)に書状を送付した長宗我部信親(「長宗我部弥三郎」)へ阿波国方面での軍事行動を
       賞してますますの忠節を促す。また「字之儀」は「信」字を遣わして「信親」と名乗るよう通知。
       詳細は明智光秀(「惟任」)に伝達させる。〔『土佐国蠧簡集』四〕
 10月27日 塙直政(「原田備中守直政」)、河内国金剛寺へ織田信長「御朱印」により寺領が安堵されたので、新儀の課役は賦課しない
       旨を通達。〔『南行雑録』一〕
 10月28日 織田信長、京都二条妙覚寺に於いて京都・和泉国堺の「数寄仕候者」17名を招喚し千宗易(「宗易」)の点前による茶会を
       開催。「御座敷の飾」は「三日月の御壺」・「白天目」・「つくもかみ」・「おとごぜの御釜」・「松島の御壺」であった。
       〔『信長公記』巻八〕
 10月28日 大和国興福寺禅識房、太鞁与介への「借銭」の件で塙小七郎へ提訴。〔『多聞院日記』二〕

11月
 11月 1日 十市遠長(「十市」)の使者が京都へ派遣される。〔『多聞院日記』二〕
 11月 2日 多聞院英俊、在京中の「大乗院殿」の「御書」により織田信長(「信長」)の「公家ニ可成」くこと、来四日に「宣下」が
       あり、来十日には「参内」、来十五日には「陳座」が設けられることを知る。〔『多聞院日記』二〕
 11月 4日 織田信長(「信長」)、「御昇殿」し「大納言の御位」に任じられる。〔『信長公記』巻八〕
 11月 4日 織田信長(「平信長」)、権中納言・従三位に昇進。〔『公卿補任』〕
 11月 4日 「東勘」、塙小七郎(「塙小」)の使者として大和国興福寺に来訪。〔『多聞院日記』二〕
 11月 5日 織田信長(「信長」)、某(松井友閑か)へ「京上之人質」の件を油断無く扱うこと、また和泉国堺津の年貢納入を厳重に
       することを命令。〔「牛島神社文書」〕
 11月 5日 吉田兼見、織田信長へ祗候、出仕していた「公家衆」6・7人と相談。その後、吉田兼見は飛鳥井雅敦を訪問し、織田信長
       からの申請により「陣座」において7日に織田信長が「大納言」・「左大将」に叙任される旨を知る。
       その後、吉田兼見は近衛前久・近衛信基・聖護院道澄を訪問。〔『兼見卿記』一〕
 11月 5日 多聞院英俊、槙島彦太夫を送ってきた「才三郎」を留めて、明日の大和国長柄城へ同行を要請。〔『多聞院日記』二〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国の若王子神社へ山城国西院内に30石を新地として安堵するので「直務」すべきことを通達。
       〔「若王子神社文書」三〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国の三時知恩寺へ山城国西院内に30石を新地として安堵するので「直務」すべきことを通達。
       〔「近衛家文書」三〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国の曇華院へ山城国西院内に30石を新地として安堵するので「直務」すべきことを通達。
       〔「曇華院文書」〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国の宝鏡寺へ山城国西院内に30石を新地として安堵するので「御直務」すべきことを通達。
       〔「宝鏡寺文書」〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国の宝鏡寺南御所へ山城国西院内に20石を新地として安堵するので「御直務」すべきことを
       通達。〔「宝鏡寺文書」〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、任助法親王(「仁和寺殿」)へ山城国西院内に100石を新地として「進献」するので「御直務」
       すべきことを通達。〔「仁和寺文書」五〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、聖信法親王(「勧修寺門跡」)へ山城国西院内に30石を新地として安堵するので「御直務」すべき
       ことを通達。〔「勧修寺文書」三〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、尊信法親王(「大覚寺殿」)へ山城国御所内70余石と嵯峨内27余石を新地として「進覧」する
       ので「御直務」すべきことを通達。〔「大覚寺文書」一〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、山城国実相院へ山城国西院内に10石を新地として安堵するので「直務」すべきことを通達。
       〔「実相院文書」九〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、近衛前久(「近衛殿」)へ山城国五箇庄80石・西院内100石・西九条内40石余・唐橋10石・
       岩倉谷ゥ散在分70石余を新地として「進覧」するので「御直務」すべきことを通達。〔「近衛家文書」三〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、一条内基(「一条殿」)へ山城国西院内に100石を新地として「進覧」するので「御直務」すべき
       ことを通達。〔「一条家文書」〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、花山院家輔(「花山院殿」)へ山城国伏見郷の津田某知行分内の50石を新地として安堵するので
       「御直務」すべきことを通達。〔「梅戸在治氏所蔵文書」〕
 11月 6日 織田信長、正親町実彦(季秀:「正親町頭中将」)へ山城国小松谷の50石と下岡崎内の30石を新地として「宛行」うので
       「直納」すべきことを通達。〔東京大学史料編纂所所蔵『正親町家庄園領知事』〕
 11月 6日 織田信長(「信長」)、壬生朝芳(「官務殿」)へ山城国東九条内に20石を新地として「宛行」ので「直納」すべきことを
       通達。〔「壬生文書」二〕
 11月 6日 織田信長、猪熊兼利(「猪隈殿」)へ山城国東九条内に5石を「宛行」うので「直務」すべきことを通達。
       〔「顕本寺文書」〕
 11月 6日 多聞院英俊、大和国長柄城を礼問し塙小七郎・塙孫四郎・「東勘」らへ贈物をする。〔『多聞院日記』二〕
 11月 7日 朝廷において織田信長任大将の「陣儀」が行われる。〔『兼見卿記』一〕
 11月 7日 織田信長、「御拝賀の御礼」があり、正親町天皇(「天子」)より「御かはらけ」を下賜された。
       また、織田信長(「信長」)は「右大将」を兼任することになり、正親町天皇へ莫大な砂金・巻物を献上。
       献上物は正親町天皇「叡覧」を受けた後に「ゥ公家衆」が「御支配」した。また知行安堵も行われた。〔『信長公記』巻八〕
 11月 7日 織田信長(「平信長」)、右大将に就任。〔『公卿補任』〕
 11月 7日 織田信忠(「平信忠」)、秋田城介に就任。〔『公卿補任』〕
 11月 7日 織田信雄(北畠信意)、左近衛権中将に就任。
 11月 7日 織田信長(「信長」)、藤波慶忠(「祭主殿」)へ山城国松崎の三淵某知行分の10石を新地として「宛行」うので「直納」
       すべきことを通達。〔「下郷共済会所蔵文書」〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、近衛家の御霊殿代へ山城国深草内に50石を新地として安堵するので「御直務」すべきことを通達。
       〔「近衛家文書」四〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、尊朝法親王(「青蓮院殿」)へ山城国粟田口に72石と花園に28石を新地として「進献」するので
       「御直務」すべきことを通達。〔「青蓮院文書」一〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、鷹司家(「鷹司殿」)へ山城国八条内に10石を「進覧」するので「御直務」すべきことを通達。
       〔「極楽寺文書」〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、西洞院時通(「西洞院殿」)へ山城国川勝寺内の20石を新地として安堵するので「直務」すべき
       ことを通達。〔「若林書林所蔵文書」〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、勘解由小路在富(「在富」)へ山城国上鳥羽に20石を新知として「宛行」ので「直務」すべきこと
       を通達。〔「土御門文書」二〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、土御門有脩(「有脩」)へ山城国上鳥羽に10石を新地として「宛行」うので「直務」すべきことを
       通達。〔「土御門文書」二〕
 11月 7日 織田信長、立入宗継(「立入左京入道」)へ山城国富森に15石を新地として「宛行」うので「直納」すべきことを通達。
       〔「立入宗継文書」‐14〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、山城国下三栖290石・塔森99石・吉祥院西条47石・島村7石余を内侍所刀自らへ配分する。
       〔「立入宗継文書」‐15〕
 11月 7日 織田信長(「信長」)、山城国深草の30石を院庁官らに配分する。〔「森潤三郎氏所蔵文書」〕
 11月 7日 織田信忠(「菅九郎」:出羽介)、「天帝」(正親町天皇?)の「御院宣」により「秋田城介」に就任。
       〔『信長公記』巻八〕
 11月 7日 松井友閑(「宮内卿法印」)、大和国法隆寺「学侶」衆へ「堂衆」との内紛について学侶衆の意見は承ったので
       「毎事可為如先規」くこと、特に「和州之儀」は塙直政(「原備」)の管轄にあるのでその指示を仰ぐ旨を「堂衆」へ厳命する
       ことを通達。〔「法隆寺文書」五〕
 11月 7日 多聞院英俊、十市遠長(「十市」)が織田信長に敵対し籠城することを知る。〔『多聞院日記』二〕
 11月 8日 「公家衆」、悉く織田信長に参賀(「信長左大将之御礼云々」)。〔『兼見卿記』一〕
 11月 9日 織田信長、大和国今井郷(興福寺一乗院門跡被官、石山本願寺門徒)へ「赦免」の旨、今後は万事石山本願寺(「大坂」)と
       同様とすることを通達。〔「称念寺文書」〕
 11月 9日 織田信長、戦火に見舞われた河内国道明寺へ僧侶の帰寺と寺領安堵を通達。〔「土師道明寺所蔵文書」〕
 11月10日 織田信長、山城国北野社松梅院へ京都内野「警固銭」60貫文余、「八木」9石を寄付し、社頭造営に専念する旨を通達。
       〔『北野天満宮史料』古文書〕
 11月10日 織田信長、霊光院殿(「御いぬ」:織田信長妹・細川昭元室)へ京都下京の毎月の地子銭124貫余を付与する。
       〔「竜安寺文書」〕
 11月10日 この夜、武田軍の手に落ちた美濃国岩村城への織田「攻衆」が布陣する水精山に武田軍が夜襲を仕掛ける。
       この武田軍の夜襲を織田軍の河尻秀隆(「河尻与兵衛」)・毛利秀頼(「毛利河内」)・浅野左近・猿荻甚太郎らが撃退し、
       織田信忠(「信長御息織田菅九郎」)が先懸として美濃国岩村城を攻略。美濃国岩村城籠城の連中は塚本小大膳を介して降伏を
       申し入れる。
       織田信長、塚本小大膳を「目付」として、塙伝三郎に処置を命令。〔『信長公記』巻八〕
 11月11日 吉田兼見、満千代を同行し織田信長(「左大将殿」)を訪問するが、織田信長は鷹狩に出かけていたため門外にて礼す。
       〔『兼見卿記』一〕
 11月13日 織田信長(「信長」)、美濃国岐阜へ下向。〔『多聞院日記』二〕
 11月13日 多聞院英俊、十市遠長の籠城する大和国十市城が織田軍により総攻撃を受けていることを知る。〔『多聞院日記』二〕
 11月14日 織田信長、武田勝頼(「武田四郎」)の美濃国岩村城への侵攻により京都を出立。〔『信長公記』巻八〕
 11月14日 織田信長(「左大将殿」)、俄かに岐阜へ帰還。〔『兼見卿記』一〕
 11月15日 織田信長、美濃国岐阜城に到着。〔『信長公記』巻八〕
 11月15日 吉田兼見、村井貞勝(「村長」)を訪問。
       織田信長岐阜下向の理由を問い、また村井貞勝より織田信長(「左大将殿」)の命令で廷臣(「諸家」)へ新知宛行があるとの
       報を受けるが、吉田兼見自身は新恩に洩れていたので、村井貞勝(「村長」)・松井友閑(「友閑」)への取り成しを依頼。
       〔『兼見卿記』一〕
 11月16日 多聞院英俊、織田信長(「信長」)が去十三日に美濃国岐阜へ下向したことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 11月17日 織田信長、近江国の田辺与左衛門尉へ近江国黒田北方内に400石を宛行う。〔「田辺文書」〕
 11月17日 織田信長、近江国の箕浦次郎右衛門へ近江国東柏原内に400石を宛行う。〔「箕浦文書」〕
 11月17日 松井友閑(「宮内卿法印友閑」)、村井貞勝(「村井長門守」)へ尊朝法親王(「青蓮院殿」)の知行分については
       織田信長(「上様」)の御前に於いて決定が下されたが、白河は本知であるので知行としたい意向を申し入れてきたので、
       織田信長の命令により村井貞勝へ「ふりかへられ」尊朝法親王の希望を叶えるよう指令する。
       また詳細は鳥居小路経孝(「大蔵」)が伝達する旨を通知。〔「青蓮院文書」一〕
 11月18日 多聞院英俊、大和国十市城攻撃中の塙小七郎の太田市陣所へ見舞を送付。〔『多聞院日記』二〕
 11月21日 織田信長(「信長」)、秋山信友(「秋山」)・「大島」・座光寺が「御赦免の御礼」のために参上したところを捕縛し、
       美濃国岐阜に送還。長良川の河原に於いて「張付」に処す。また織田軍、遠山一党を全滅させる。〔『信長公記』巻八〕
 11月22日 塙安弘(「塙喜三郎」)・松永久通(「松永右衛門佐」)、五大院・妙徳院・福園院・仏地院・多聞院へ使者を上洛させる
       よう通達す。〔『多聞院日記』二〕
 11月24日 織田信忠(「菅九郎」)、美濃国岐阜城へ凱旋。〔『信長公記』巻八〕
 11月24日 多聞院英俊、南三介より塙小七郎(「塙小」)を訪問したことについて詳細に報告を受ける。
       堀備中入道が塙小七郎(「塙小」)を礼問したという。〔『多聞院日記』二〕
 11月25日 織田信長、赤座吉家(「赤座小法師」)へ越前国内に前波長俊(「桂田播磨」:越前国守護代)の書出の如く新知を宛行う旨
       を通達。〔『古案』坤〕
 11月27日 細川藤孝(「細川兵部大輔」)、吉田兼見を訪問し織田信忠(「勘九郎殿」)が美濃国岩村城を攻略し秋山信友(「秋山」)
       を生虜とし岐阜城下において磔刑(「八ツケ」)に処した旨を通知。〔『兼見卿記』一〕
 11月28日 織田信長(「信長」)、織田信忠(「菅九郎」)に織田「家督」を譲与す。
       織田信長は織田信忠へ「星切りの御太刀」などの重宝を与え、織田信忠へ「尾州・濃州共に御与奪」なされ、織田信長自身は
       「御茶の湯道具」のみを携え、佐久間信盛(「佐久間右衛門」)邸に移る〔『信長公記』巻八〕
 11月28日 織田信長(「信長」)、初めて音信する佐竹義重(「佐竹左京大夫」)へ織田信長(「此方」)に敵対した「甲州武田」氏を
       去る5月に三河国・信濃国の境目に於いて一戦に及び甲斐国・信濃国・駿河国・上野国の軍兵を多数討ち取り「散鬱憤」じた
       こと、武田勝頼(「武田四郎」)1人を討ち漏らしたので甲斐国まで「出馬」し「退治」する予定であること、武田討伐の際に
       「一味」すれば「為天下為自他」に好ましいことを通達。詳細は小笠原貞慶(「小笠原右近大夫」)に伝達させる。
       〔「飯野盛男氏所蔵文書」、「比佐文書」、「白土文書」〕
 11月28日 織田信長、初めて音信する田村清顕(「田村大膳大夫」)へ織田信長(「此方」)に敵対した「武田」氏を去る5月に
       三河国・信濃国の境目に於いて一戦に及び甲斐国・信濃国・駿河国・上野国の軍兵を多数討ち取り「散鬱憤」じたこと、
       武田勝頼(「武田四郎」)1人を討ち漏らしたので甲斐国まで「出馬」し「退治」する予定であること、武田討伐の際には
       「信長一味」となれば「為天下為自他」に好ましいことを通達。詳細は小笠原貞慶(「小笠原右近大夫」)に伝達させる。
       〔『歴代古案』七、『別本歴代古案』十〕
 11月28日 織田信長、初めて音信する小山秀綱(「小山殿」)へ織田信長(「此方」)に敵対した「武田」氏を去る5月に三河国・
       信濃国の境目に於いて一戦に及び甲斐国・信濃国・駿河国・上野国の軍兵を多数討ち取り「散鬱憤」じたこと、
       武田勝頼(「武田四郎」)1人を討ち漏らしたので甲斐国まで「出馬」し「退治」する予定であること、武田討伐の際には
       「信長一味」となれば「為天下為自他」に好ましいことを通達。詳細は小笠原貞慶(「小笠原右近大夫」)に伝達させる。
       〔「小林文書」〕
 11月28日 佐久間信栄(「佐久間甚九郎信栄」)、河内国天野山金剛寺へ寺領・山林竹木・被官人らは織田信長の「御朱印」により安堵
       されたので、新儀課役は賦課しない旨を通達。〔「金剛寺文書」‐315〕
 11月28日 多聞院英俊、磯谷彦四郎を「南」へ派遣するにあたり御牧景則(「御牧勘兵衛」)へ贈物を預ける。〔『多聞院日記』二〕
 11月  日 織田信長、織田信忠(「城介殿」)へ尾張国に於いて「鶴」を捕らえて送付する旨を通知。〔「田辺文書」〕
 11月  日 柴田勝家(「修理亮勝家」)、越前国鯰江誠照寺へ「大坂」(石山本願寺)とは別派であることを織田信長が諒承したことを
       通達し、その上は末寺の寺内等に至るまで諸役人・住人・「仏法之儀」は先規の如く「興隆」するよう命令。
       〔『真宗誠照寺派本山誠照寺史要』〕
 11月  日 柴田勝家(「修理亮」)、越前国称念寺へ全3ヶ条の「定」を下す。〔「称念寺文書」〕

12月
 12月 2日 村井貞勝(「村長」)、摂津国有馬郡湯山に湯治する。〔『兼見卿記』一〕
 12月 2日 前田利家(「前田又右衛門尉利家」)・佐々成政(「佐々内蔵助成政」)・不破光治(「不破河内守光治」)、越前国慈眼寺
       へ霊供米21石を「先規」の如く収納すべきことを命令。〔「慈眼寺文書」四〕
 12月 2日 吉田兼見、村井貞勝邸宅を見舞のため訪問。
       また吉田兼見は路上において細川藤孝(「長兵」)と遭遇し懇談、細川藤孝(「長兵」)は丹波国勝龍寺へ帰城。
       その後、吉田兼見は小笠原長時(「小笠原入道」)を訪問し入門。〔『兼見卿記』一〕
 12月 2日 勧修寺晴豊(「勧修寺」)、岐阜より上洛。〔『兼見卿記』一〕
 12月 3日 多聞院英俊、「十後」(松永久通室)より松永久通(「金吾」)へ礼問すべき旨の文を受ける。〔『多聞院日記』二〕
 12月 3日 勧修寺光豊、誕生。〔『日本史人物生没年表』〕
 12月 4日 村井貞勝(「村長」)、摂津国有馬郡湯山より上洛し吉田兼見と面会する。〔『兼見卿記』一〕
 12月 4日 多聞院英俊、大和国竜王子山城の松永久通(「金吾」)を礼問す。〔『多聞院日記』二〕
 12月 4日 多聞院英俊、丹波国槙島城の塙小七郎(「塙小」)と誼を通じる。〔『多聞院日記』二〕
 12月 6日 中坊飛騨守の妹、この日「今市」某と祝言す。〔『多聞院日記』二〕
 12月10日 多聞院英俊、丹波国槙島城より戻った塙小七郎からの書状による言伝を受けて、五大院の知行は半分となった旨を知る。
       〔『多聞院日記』二〕
 12月12日 塙直政(「塙九郎左衛門尉直政」)、大和国法隆寺「東寺」は以前の裁決に不服で上申し格別の織田信長「御朱印」を受けた
       が、法隆寺「西寺」は去年発給された織田信長「御朱印」により諸事「先規」の如く東寺・西寺の別を厳守する命令が出されて
       おり、この矛盾について法隆寺堂衆中より訴訟があったため、来春の織田信長「御上洛」に際して糺明するので、それまでは
       「諸色如先規」とすることを通達。〔「法隆寺文書」五〕
 12月13日 織田信長、松浦肥前守(和泉国岸和田城主)へ伊予国産の「鷂」2羽・「鈴」(銘酒)・「マナカツホ」10匹を贈られた
       ことを謝す。また松浦肥前守の身上については細川昭元(「細六」)が「異見」を持っているというが、このことを
       織田信長(「信長」)は知らないし、少しの別条も無いことを通達。詳細は柴田勝家(「柴田」)より伝達させる。
       〔『松浦文書類』二〕
 12月15日 織田信長(「信長」)、中山孝親(「中山前大納言」)・庭田重保(「庭田大納言」)・勧修寺晴右(「勧修寺大納言」)・
       甘露寺経元(「甘露寺中納言」)へ「泉涌寺」造営の件で正親町天皇「叡慮」を重ねて承ったので、即時修造普請を命令した
       ことを正親町天皇に「奏達」することを依頼する。〔「泉涌寺文書」四〕
 12月18日 吉田兼見、細川藤孝(「長兵」)の丹波国勝龍寺城を訪問、面会、宿泊。〔『兼見卿記』一〕
 12月18日 多聞院英俊、大和国楊本城が松永久通(「松右」)の管轄となったことを知る。〔『多聞院日記』二〕
 12月19日 吉田兼見、丹波国勝龍寺城より帰宅後、神龍院梵舜を訪問。〔『兼見卿記』一〕
 12月20日 村井貞勝(「村井貞勝」)、山城国長国寺へ織田信長「御朱印」により寺領安堵がなされたことを通達。〔「織田文書」〕
 12月24日 吉田兼見、村井貞勝(「村長」)を訪問し近日中の岐阜下向を知る。また吉田兼見は村井貞勝へ新町地子銭返付を謝す。
       〔『兼見卿記』一〕
 12月24日 多聞院英俊、大和国新賀城の塙小七郎へ歳暮のため礼問す。御牧景則(「御牧勘兵衛」)らに贈物をする。
       〔『多聞院日記』二〕
 12月24日 多聞院英俊、「十後」(松永久通室)へ歳暮の贈物をする。〔『多聞院日記』二〕
 12月24日 多聞院英俊、十市遠長(「十常」)へ歳暮の贈物をする。〔『多聞院日記』二〕
 12月25日 吉田兼見、新町地子銭に関して村井貞成(「村作」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
 12月26日 金森長近(「金森五郎八長近」)、越前国大野郡「鍛座」惣鍛衆の大蔵宗左衛門へ惣中の許可無く座に加入すること、
       釜・鍬・釘などのゥ道具の「ふり売」(行商)を「停止」すること、大野郡内の鍛座を「惣鍛中」が統制することを通達。
       〔「鍛冶組合文書」〕
 12月26日 多聞院英俊、「十後」(松永久通室)へ「暦」・「八卦」などを送付。〔『多聞院日記』二〕
 12月28日 織田信長(「信長」)、尊朝法親王(「青蓮院殿」)へ大和国多武峯寺本領の件で依頼されたことを諒承、織田信長「朱印」
       を発給して安堵することを通知。詳細は塙直政(「原田備中守」)に伝達させる。〔「青蓮院文書」一〕
 12月28日 織田信長、大和国多武峯惣分老若中へ寺領の件で「近年武士押領分」が問題となったので全てを「還附」したこと、その他
       往古からの寺領・供物料所で大和国内の入地を安堵すること通達。また大和国土豪の「私徳政」や「地興」(土地のみの徳政)
       を厳禁すること、本郷領中への臨時の課役と山林・竹木伐採を禁止することを通達。〔「青蓮院文書」一〕
 12月29日 明智光秀(「明智光秀」)・村井貞勝(「村井貞勝」)、山城国若宮八幡宮領と西九条名主・百姓中へ境内(「縄内」)の
       年貢・地子銭を「当知行」として諒承し、社納することを命令。また「無沙汰」をすれば「譴責」することを通達。
       〔「若宮八幡宮文書」〕
 12月29日 吉田兼見、村井貞成(「村作」)を訪問。〔『兼見卿記』一〕
 12月29日 吉田兼見、「禁中」へ歳暮礼のため参内。〔『兼見卿記』一〕
 12月29日 吉田兼見、山科言継を訪問。〔『兼見卿記』一〕
 12月29日 吉田兼見、三条西実枝(「三条亜相」)を訪問、面会す。三条西公明にも対面す。〔『多聞院日記』二〕
 12月29日 吉田兼見、勧修寺晴豊(「勧修寺」)を訪問。〔『多聞院日記』二〕
 12月29日 三条西実枝(「三条亜相」)、美濃国岐阜へ下向。〔『兼見卿記』一〕
 12月30日 吉田兼見、丸岡頼貴(近江国麹袋某社祠官・佐久間信盛与力)へ年頭魚鳥食用の裁許を与える。〔『兼見卿記』一〕
 12月 晦日 多聞院英俊、吉村新八郎が大和国多聞山城の番手着任というので見舞を送付。〔『多聞院日記』二〕
 12月  日 三好康長(「三好山城守」)・松井友閑(「宮内卿法印」)、石山本願寺坊官の下間頼慶(「下間上野法眼」)・
       下間頼廉(「下間刑部卿法眼」)・八木駿河守・平井越後法橋・井上出雲法橋に対して「霊社起請文上巻前書」を呈す。
       〔「竜谷大学図書館所蔵文書」〕


    この年 織田信忠(「平信忠」)、叙爵(従五位下カ)。〔『公卿補任』〕
        伊丹康勝、誕生。〔『日本史人物生没年表』〕
        長宗我部盛親、誕生。〔『日本史人物生没年表』〕
        舟橋秀賢、誕生。〔『日本史人物生没年表』〕
        本多忠政、誕生。〔『日本史人物生没年表』〕


フロントページに戻る
目次に戻る
項目別文献・論文一覧へ