フロントページに戻る

  【 源 平 争 乱 期 年 譜 】     高橋 寿拓


〈はじめに〉
 この年譜は、戦乱期の武家年譜3部作の第2弾であり、高望王の臣籍降下及び関東下向(889年:寛平元年)から源頼朝の没年(1199年:正治元年)までのいわゆる「武士」の誕生・台頭と「軍事貴族」による地方武士団の統合・編成の過程を研究対象としたものである。  史料の性質とその残存状況から軍記物語をも最大限に利用して、いずれは「史料解説編」や「人名解説編」などの作成も予定している。史料の内容に忠実であることを心懸け、人物についての説明も今後補強して行く予定である。  歴史愛好家は勿論、研究者の要求にまで応えられるような年譜を作成し、今後この年譜をご覧になられた皆様からのご指摘など賜われれば幸いである。



    ・889〜942年分(承平・天慶の乱)の年表へ

    ・承平・天慶の乱の関連文献一覧へ

    ・942〜1027年分(摂関政治期)の年表へ

    ・「摂関政治」の関連文献一覧へ

    ・1028〜1106年分(平忠常の乱、前九年・後三年の役)の年表へ

    ・「平忠常の乱」、「前九年・後三年の役」の関連文献へ

    ・1107〜1160年分(保元・平治の乱)の年表へ

    ・「保元・平治の乱」の関連文献へ

    ・1161〜1199年分(治承・寿永の乱)の年表へ

    ・「治承・寿永の乱」の関連文献へ


フロントページに戻る