All contents copyright (C) 2002 Household Industries / allrights reserved


第19代内閣
 原敬内閣
     大正7(1918)年9月29日−大正10(1921)年11月4日
      日本初の本格的政党内閣(外務大臣と陸海軍大臣以外は政党員)
      支持基盤:立憲政友会(与党)

内閣総理大臣  原  敬(大10.11.4 暗殺により死去)
        内田康哉(臨時兼任・大10.11.4−)
外務大臣    内田康哉
内務大臣    床次竹二郎
大蔵大臣    高橋是清
陸軍大臣    田中義一
        山梨半造(大10.6.9−)
海軍大臣    加藤友三郎
司法大臣    原  敬(兼任)
        大木遠吉(大9.5.15−)
文部大臣    中橋徳五郎
農商務大臣   山本達雄
逓信大臣    野田卯太郎
鉄道大臣【大9.5.15 鉄道省設置】
        元田 肇(大9.5.15−)
内閣書記官長  高橋光威
法制局長官   横田千之助