フロントページに戻る
  【 スポーツ・エンターテイメント学 】
 

 スポーツ・エンターテイメント学とは、ビンセント・ケネディ・マクマホン氏率いる「World Wrestling Federation Entertainmemt
(以下、WWFと略記)」が「アティチュード」路線採択後に提唱したスポーツ・エンターテイメントを、学術的に検証していくものです。


  WWF激闘史(年表)

   ・WWF1997(調整中)

   ・WWF1998(調整中)

   ・WWF1999(調整中)

   ・WWF2000(調整中)

   ・WWF2001(調整中)

   ・WWF2002(1月1日〜5月5日分)

   ・WWE2002(5月5日〜9月22日分)



 WWFスポ・エン論

 相手をしっかりと殴る、相手の技
をしっかりと受ける、そしてしっか
りと観客&カメラを意識することが徹
底しているWWFスパー・スターズおよび
彼らのレスリングについてを学問的に考
証していく予定です。



【 凡 例 】

 ・年表中の日付は、アメリカ現地時間によっています。
 ・映像資料としては、日本国内で放映されたもの(スカイ・スポーツ)を中心に参考としました。
 ・年表中の記号については、以下の通りです。
   ◎は、ストーリーをあらわしています。
   *は、決まり手にいたるまでの補足事項をあらわしています。
   ○は勝者を、×は敗者を、それぞれあらわしています。
   △は、引き分け・無効試合をあらわしています。
   赤文字部分は、ストーリー上の重要部分、および転機となる部分、
     または娯楽色の濃いパフォーマンスが展開された場面をあらわしています。
 ・年表中の英文については、読解能力に限界があり、誤記等あると思います。ご寛恕くださいませ。

スポーツ・エンターテイメント研究所長 高橋寿拓 記す


フロントページに戻る

All contents copyright (C)2002-2003
Kawagoe-Goshyo Sports Entertainmemt Institute / Household Industries
allrights reserved